« カワガラス(その1) | TOPページへ | 鍵のかかった部屋 最終話 »

2012年06月26日

● 杏 考


ずいぶん前から「杏」のカテゴリーをこのクソブログに設けるか否か悩んでいる。




今年の4月29日に放送された「ソロモン流」という番組で「杏」が特集されていたのを見た


ソロモン流

ソロモン流

ソロモン流

ソロモン流


ソロモン流ソロモン流

ソロモン流ソロモン流

ソロモン流ソロモン流

ソロモン流ソロモン流

ソロモン流ソロモン流

ソロモン流ソロモン流

ソロモン流ソロモン流

ソロモン流ソロモン流

ソロモン流ソロモン流

ソロモン流ソロモン流

ソロモン流ソロモン流

ソロモン流ソロモン流

ソロモン流ソロモン流

ソロモン流ソロモン流

ソロモン流ソロモン流

ソロモン流ソロモン流


多彩である事と、人生を楽しんでいる感に好感を抱いた。




私が彼女に初めて注目したのは


華麗なるスパイ

華麗なるスパイ華麗なるスパイ

華麗なるスパイ華麗なるスパイ


2009年7~9月期に放送されたドラマ「華麗なるスパイ」で それまで私は彼女の事を全く認識していなかったのだが、このドラマの中の彼女には初々しさは殆ど感じず、何年も前から演じてきた自信みたいな物すら感じたのが とても意外だったから。


それと、この「華麗なるスパイ」が放送されているのと少し遅れたほぼ同じ時期に大河ドラマ「天地人」に 伊達政宗の正室「愛姫」役で出演し


天地人

天地人

天地人


天地人

天地人


天地人

天地人


特に第37話において 関ヶ原の戦い直前、大坂城に人質とされる時に西軍大将の毛利輝元の話を「つまらぬ芝居じゃ」と言い捨てる様は なかなか良い演技だった。




さて…


2010年1~3月期に放送されたドラマ「泣かないと決めた日」において 榮倉奈々が演じたヒロインに対する悪役を好演し…


2010年7~9月期に放送されたドラマ「ジョーカー 許されざる捜査官」において 真面目な女刑事を熱演し


2011年4~6月期に放送されたドラマ「名前をなくした女神」において 母親役を好演


そして、2011年10~12月期に放送された


妖怪人間ベム

妖怪人間ベム

妖怪人間ベム


「妖怪人間ベム」においてイロモノを熱演


…という風に


この間の彼女の演技や役柄は若手と呼ばれる女優が10年近いキャリアの中で変遷する役柄なのだが 彼女はそれを2年間でこなして見せた事、その女優魂みたいなものに私は感心するばかりなんだな


が、残念なのは「天地人」の「愛姫」で惹き込まれた様な感覚には いつも近いところまではいくのだが、今ひとつでもあり…


たぶん、彼女は今よりももっと凄い女優になっていくと思うのだが 私はまた惹き込まれる瞬間がくるまで意地を張って このクソブログにカテゴリーを設けずにおこうと思っているけれど、たぶん そんなに遠くない将来、舌の根も乾かぬうちにカテゴリーを設ける事になるだろうとも思っている。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『役者・タレント』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。