« 今年の桜 | TOPページへ | ツレがうつになりまして。 »

2012年05月03日

● 夜明けの街で


2011年公開の映画「夜明けの街で」のDVDを見た。




夜明けの街で


写真データの整理をしながら、ながら見するのもちょうどいいかと思って見たわけだが…


夜明けの街で

「岸谷五朗」は良い役者なんだけど こういう役はワンパターンでしかなく、つまらん。


夜明けの街で

「深田恭子」はたしかに可愛いんだけど ただ、それだけ。


原作が東野圭吾で どうでもいい「ナイフが胸に刺さって死んでいた女の死体」なんて話を盛り込んで サスペンスなんだか、ラブストーリーなんだか、半端な仕上げ


普通であれば「クソ」と一言で片付けるところだが


夜明けの街で夜明けの街で

夜明けの街で夜明けの街で


「木村多江」の演技 特に終盤の決め台詞はクソ映画を合格点へと引き上げる。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『木村多江』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。