« F-16 ローパス | TOPページへ | 家族八景 第4話 »

2012年02月29日

● ストロベリーナイト 第8話


ドラマ「ストロベリーナイト」の第8話を見た。




ストロベリーナイト


主演は

ストロベリーナイト

「竹内結子」


ストロベリーナイト

「小出恵介」




ストロベリーナイト

ストロベリーナイト

ストロベリーナイト

ストロベリーナイト

ストロベリーナイト


「木村多江」


ストロベリーナイト


「木村多江」と「竹内結子」を単純に比較して語るつもりはないが やっぱ、こういう役を演じさせたら「木村多江」は絶品だ。


それに対して「竹内結子」の演技云々ではなく 演じている玲子のキャラクターが初めの頃より随分と変わっているのが 正直言って悪い方向の様に感じられて仕方が無い。


で、ひとつ今回の中から個人的に違和感を感じた部分を記しておくと


ストロベリーナイト


「遠藤憲一」が演じている日下という刑事は とても個性的で、ともすれば傲慢とか強圧的な人物に映りがちだが、私はこういう刑事はアリだと思うので 何故、「竹内結子」が演ずる「玲子」が日下を忌み嫌うのか そこのところが巧く納得出来ないんだな


これって原作を読めば納得出来る事なのだろうか?


なんとなくこのままだと玲子は功名争いの相手(日下やガンテツ)に対してヒステリックに反応してるだけの矮小な性格にしか映らないとおもうんだけど 玲子ってそうじゃないよね? その辺が整合性に欠けつつあると感じるのだ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ストロベリーナイト』関連の記事

コメント

ブタネコさん、こんにちは。

こちらの記事も毎回楽しく拝見しております。

いろいろ小耳に挟みたい情報等あるのですが、毎回我慢しております。
私はドラマが始まってから我慢できずに原作を読み始めたのですが、毎回ブタネコさんの洞察力の鋭さに鳥肌がたっている次第です。

毎回もんどりうってコメントを我慢しているのですが、今回はちょっとどうしてもでしゃばりたくなりました。
日下刑事をなぜ姫川がここまで嫌うのかについて。
公式サイトのインタビューで遠藤憲一さんが言及されていることを告げ口しておきます^^;
もちろん、原作にも出てきますが。

日下刑事は本当にお気の毒なのです。

あと2回。
ドラマも楽しみですが、それ以上にブタネコさんの記事を楽しみにしております^^

★ slan さん

そうですか、公式サイトですか…

見たいけど、最終話を見終えるまで我慢します。^^ この先どうなるか判りませんからね


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。