« ナサケの女SP | TOPページへ | 田中圭 in しゃべくり007 »

2012年02月08日

● ストロベリーナイト 第5話


ドラマ「ストロベリーナイト」の第5話を見た。




ストロベリーナイト


主演は

ストロベリーナイト

「竹内結子」


ストロベリーナイト

「小出恵介」




今回はあえて放送終了まで原作は読まずにいようと心に決めているのだが、このところ私は無性に「ストロベリーナイト」の原作を読みたくて仕方が無い。


なんか、久しぶりに面白いサスペンス物が読めそうな気がしてならないんだな。


けっして単純な比較論を述べるつもりは無いのだが、先日映画「麒麟の翼」を見て 「麒麟の翼」が決してつまらない作品ではないのだけれど どうしても物足りなさを拭えず、ではその物足りないモノは何かと自分なりに考えると 物語の柱となる部分の骨太さ…であり、そこに盛り込まれた肉付けの その肉の付け方の計算が最近の東野圭吾の著作と この「ストロベリーナイト」の誉田哲也は大きく違うと感じるからだ。


どうも最近の東野圭吾の著作には 本編とは全く関係ない人物達のともすればどうでいいような流れを本筋にデコレートし、太鼓持ちみたいな連中から「見事な対比だ」とか「先の展開がよめない」みたいないい加減な褒められ方に酔ってる様な 映像化した際の見栄えばかりを気にしている様なフシを感じるのだが、作品としてはそんなのもアリだとは思うけど そんなんで「ミステリー」と評されるのには鼻持ちならない不快が湧く


それに対して一連の「ストロベリーナイト」における筋の流れには 純粋に刑事の試行錯誤が「ミステリー」の王道をいってると感じられる事と 近頃の刑事物によくありがちな地に足が着いていないくせに屁理屈ばかりが達者な主人公が 結局はモノローグで反省したり言い訳して終わる様な作りではなく、ミステリー好きの私には好ましく感じるのだが…


今週の第5話を見ていて なんか、今までのSP版や1~4話までの流れと違う感じがする


その理由の一つにはエンディングのオチが 今までの様な「ほぅ」と感心するものではなく、先述した出来損ないのミステリーもどきドラマにありがちな屁理屈だった事


それと、


ストロベリーナイト

早く楽になろうなんてしないで下さいね 苦しんで苦しんでカラカラになるまで苦しみ抜いてから死んで貰わないと辻褄が合いませんから


この台詞はなかなか渋い良い台詞だと思うけど、これまでの竹内結子が演じてきた姫川玲子のキャラの台詞としてはシックリこない。


で、細かい事を挙げるのは野暮と思いつつ あえて今回ばかりは指摘しておくと 例えば息子の殺人事件に関して 殺された彼女にストーカーがいたとか、暴行を受けていたとか、息子の罪が確定する前の捜査のゆき届か無さ、にもかかわらず西島扮する刑事にあっさりと自供… 父親の殺人に関する証拠など捜査の無さ、そして直前までの係長の「このヤマには触れるな」という指示の根拠や理由を描いていないところ…


なんか、この5話は 折角今まで良い感じできたシリーズに 従来通りの出来損ないドラマを付け足した様でしっくりこないと感じるんだよね


で、ついでながら記しておくと


ストロベリーナイト


私が武田鉄矢を嫌いなのは周知の事実だし いままでも何度もこき下ろしてきたけれど、この「ストロベリーナイト」に関して ともすればヒール(悪役)的存在としてのキャスティングにおいては 逆にドラマを面白くさせているとさえ感じていたが、やはりこの5話において そんな武田のダメなところばかりが鼻についたのは至極残念だ。


というのは、1~4話までの間 好意的に見つつも、何かしら引っ掛かったように感じていたザラザラ感のひとつは あくまでも私の想像で決めつけた様に言わせて頂くと 台詞回しの際に意図的に「ひ」と発音するところを「し」と発音する そう、昔ながらの江戸っ子言葉を使って見せようとして失敗している点


何故かは判らないが、武田鉄矢という男は 周囲との調和を無視し、自分だけ言葉遣いや方言を変える事が役作りと思い込んでいるフシがあり、その顕著な例が「白夜行」における「どこの関西弁ですか?」台詞回し その時も大いに物議を醸し、ともすればドラマのティストを下げたものだが、今回は「江戸っ子のふりをしてなり損ねている田舎者」にしか映らず、わざわざガンテツにそんな脚色は必要ない


それと、部下の死にも情けを見せず手柄に走る冷酷な人物…の様で 分厚い不祝儀を黙ってポストに投げ込み、歩去る後ろ姿で わざわざ涙を拭う様な手や腕の動き… これもあくまでも私の想像で決めつけた様に言わせて頂くと 武田本人からの希望した演技の様に感じ不愉快


で、最後に 第3話において


ストロベリーナイト


証言者として登場した女子高生が どこかで見た「のっち」似の女の子…と思っていたら



「本田翼」という名前で このCMの娘だったんだね。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ストロベリーナイト』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。