« 竹内結子 新CM | TOPページへ | 松山ケンイチ 新CM »

2012年02月26日

● 家で死ぬということ


土曜ドラマSP「家で死ぬということ」を録画で見た。




家で死ぬということ


家で死ぬということ

「高橋克典」


家で死ぬということ

「西田尚美」


家で死ぬということ

家で死ぬということ


このドラマのタイトルを見た時、1993年に公開された映画「病院で死ぬということ」を思い出した。


とある医療法人の理事に名を連ね、「いつ死んでも不思議じゃない」と宣告された患者である私としては「何処で死ぬ?」と問われるのは なかなかキツイ問いかけである。(苦笑)


幸か不幸か、私の自宅は私が建てたモノで 先祖伝来の云々なんてしがらみや思い出は無いから、「俺は絶対に自宅で死にたい」という執着めいた感情は薄いが


家で死ぬということ


こんな景色を見せられては このドラマで渡辺美佐子が演じて見せた老母の気持ちも充分に判る。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『西田尚美』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。