« 祝・7周年!! | TOPページへ | 竹内結子 in 笑っていいとも(1月10日放送) »

2012年01月11日

● 下町ロケット


ドラマ「下町ロケット」のDVD全3巻を入手して一気に見た。




WOWOWの連続ドラマWは相変わらずクォリティが高い


下町ロケット


原作との相違点、というか原作に付加した部分がいくつかあるが それらについてはどうでもいい。


大手企業vs中小企業の裁判という点では「空飛ぶタイヤ」と通じるものがあるが「空飛ぶタイヤ」もなかなか良い出来だったけど「下町ロケット」も予想以上に面白かった。


下町ロケット

下町ロケット


ただ、原作にも言える難点を挙げると


下町ロケット

下町ロケット


渡部篤郎が演じた部長の設定で「実家が町工場だった」という部分に疑問というか しつこさみたいなものを感じた。


…というのは あくまでも私の個人感だが「ものづくり」とか「職人技」といえば大田区界隈の中小企業に目を向けるのも理解は出来るのだが、逆に大田区界隈ばかりにしか注目しない風潮めいたモノに反感めいた気持ちが湧く時があるからだ


ゆえに、もし部長の実家が町工場じゃ無かったら この部長は三上博史が演じた社長の会社に好意的に接したのだろうか?と気になってみたり、銀行と中小企業の関わりに 地方の中小企業とは異なるぬるさを感じ違和感を抱く


もし、この「下町ロケット」が大手vs中小という会社の対決がメインのストーリーと考えた場合、私が倒産整理に関わった中小企業が倒産に至った原因の多くはたしかに大手企業や取引銀行の横暴さによるものは少なくないが、同じ「横暴」という表現でも実は中身が相当違うんだよね。


下町ロケット

「小市慢太郎」


下町ロケット

「原田夏希」


下町ロケット

「津田寛治」


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『小市慢太郎』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。