« 竹内結子 in 笑っていいとも(1月10日放送) | TOPページへ | 高山侑子 ミスド 新CM »

2012年01月11日

● 深夜食堂 第18回


ドラマ「深夜食堂」の第18回を観た。




深夜食堂

深夜食堂


今回は「冷やし中華」


物語の内容は つまらなかったわけではないが、特筆すべき出来の良さにも感じなかったので触れずにおく。


さて…

深夜食堂


上のシーンを見ていて 個人的な昔話を思い出したので記しておくと…


このクソブログに登場する喫茶「職安」では真冬でも「冷やし中華」がメニューにあった。


「なんで冬に冷やし中華を食べちゃいけないわけ?」


喫茶「職安」のママが「冷やし中華」が大好きで 自分が食べたいから真冬でもメニューから外さなかったのと、ドラマの中の台詞でも登場した「全日本冷し中華愛好会」なるものが登場したのもまさにその時代だったからだ。


それと、喫茶「職安」の「冷やし中華」には酸味がスープに入って無く、鶏ガラスープがメインの醤油味で「酢」か「レモン」を食べる人が好みで入れるシステムで 大抵の人が酸味を入れずに食べていた。


だから、今思えば「それって”つけ麺”じゃないの?」って事になるのだが、まぁ、いい加減だったんだな^^;


で、ある日の事。


喫茶「職安」のツートップだったN専務とO弁護士が一緒に頼んで「冷やし中華」を頼んで数分後に口論となる。


N専務曰く


「冷やし中華は 錦糸玉子やハムなどの具材を麺とグチャグチャにかき混ぜて

 タレを絡めて食うのがスジだ。」


それに対してO弁護士は


「順番は好みだが 俺の場合はまず錦糸玉子と麺だけを食い、次にハムと麺だけを食い…

 という風に具材を一つずつ味わい、ひと通り堪能したら最後にかき混ぜて食う主義なんだ」


二人の口論はやがて熱を帯び


「なんだコノヤロウ? 文句あんのか? お?」


「出るトコ出て争うか? 最高裁まで何十年も闘ったるぞ?」


ツートップの喧嘩ともなればバイト学生が止めに入ろうにも 簡単に治まるわけもなく…


ところが、だ。


後年「気の弱い弁護士」と呼ばれるバイト学生が


「鶏が先か、玉子が先か…みたいな議論を交わしている割に NさんもOさんも

 二人とも錦糸玉子やハムどころかキクラゲや紅ショウガまで残さず食べているのに

 二人ともキュウリだけは箸一つつけずに残してるんですね?」


と、本人としては「似たもの同士じゃないですか…」と宥めようとした指摘だったらしいのだが、その瞬間


「俺はバッタじゃねぇんだバカヤロウ」とNさん


「キリギリスと一緒にすんなコノヤロウ」とOさん


二人同時に「気の弱い弁護士」は怒鳴りつけられ身を縮ませた。


それを間近で見ていた私と「二代目開業医」と「腕力だけが取り柄の歯科医」は怒鳴りつけられながらも


「やっぱ、似たもの同士じゃないスか」


と、弁明する「気の弱い弁護士」の悲鳴に笑いを堪えきれず でも、笑うとこっちに火の粉が飛んできそうだし…


「おう、気の弱い弁護士よぉ オメェは冷やし中華をどうやって食う派なんだ?」


と、Nさんが気の弱い弁護士にカラミ始めた隙に私達3人はそっと店から抜け出したんだ。


で、思い出話というのはそこまでなのだが ふと気付けば、今の私は冷やし中華を食べる時、無意識にキュウリだけを除けている


先程、朝の一服に私の病室に来た二代目開業医にその話をしたら


「あ、俺も冷やし中華のキュウリは食わずに除けてる」


遺伝でも躾でも無いのだが、面白いというか、不思議というか いつのまにか私も二代目開業医もNさんやOさんに似ちゃったんだな

お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『深夜食堂』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。