« とんび 後編 | TOPページへ | 木村多江 新CM »

2012年01月15日

● CO 移植コーディネーター


WOWOWで放送された「CO 移植コーディネーター」のDVD全3巻(全5話)を入手したので見た。




CO 移植コーディネーター


第1話で


CO 移植コーディネーターCO 移植コーディネーター

CO 移植コーディネーターCO 移植コーディネーター

CO 移植コーディネーターCO 移植コーディネーター


「尾野真千子」


第2話で


CO 移植コーディネーターCO 移植コーディネーター

CO 移植コーディネーターCO 移植コーディネーター


「木南晴夏」が実に良い仕事をしている。


特に


CO 移植コーディネーター

「尾野真千子」のグジャグジャな泣き と


CO 移植コーディネーター

「木南晴夏」の「春一番」はいろんな意味で心に響いた。


…なので DVDの第1巻(1・2話)を見終えた時点では いつも通りのWOWOWのクォリティ高い社会派ドラマだなと感じたのだが、第3話以降(おそらくこのドラマの本論的部分)にストーリーが移行した途端「あれれ?」感が膨らむ


このドラマは臓器移植に関して賛成なのか?それとも反対なのか?


臓器のドナーを待つ人が多い事や 移植法の矛盾点などを描くのはいいが、


CO 移植コーディネーター


視聴者の中でドナーになろうか否かを迷っている人に さらに迷いを深めるだけの様な演出・構成に 私は個人的に不快感に近い気持ちを抱いた。


厚生労働省と薬品メーカーと医師らの癒着の構造は今に始まった事ではなく それによるHIVや肝炎の集団訴訟に見られる様な問題と 臓器移植に関する立ち後れの実情を同じように描くのは私は間違いだと思っているからだ。


既に御存じの方も多いのであらためて語るのもナンだけど、私は心臓が壊れて入院中の身であり、それなりの規模の病院の理事でもあるから 患者と医療の現場には些少ながらも身に覚えがある


今までに私の心臓には2度メスが入っているが、手術を行った医師(私の主治医であり、中学以来の友人)の腕の良し悪しはともかくとして完治はしておらず、残る治療法の選択肢に移植があるが、私自身は移植を望んでいない


しかしながら、私の死後 もし私の臓器が使用出来るのであれば使える臓器は総て使ってくれて良いと考えているのだが、それは年齢的なモノとか常用している薬品などの理由から現行制度では使用出来ないという その制度そのものに対しては反意を抱いている。


つまり、私は臓器移植に関して もっとドナーが増える事、国内での移植が劇的に増加する事を強く望んではいるけれど、自分自身に対する移植は全く望んでいない… という、ともすれば矛盾の持ち主なんだな。


だからなのかもしれないが、この「CO 移植コーディネーター」の様なドラマを見る時、例えば「このドラマの制作者は移植に関してどう考えているのか?」という点に特に注目してしまうわけで、その点に関して言えば 第3話以降の本論に対して、序章的存在の第1話と第2話はなかなか良い描き方だと思うけれども3話目以降の本筋では 単に移植をドラマのアイテムに用いた描き方に映り不快感が増す…という事だ。


例えば、


CO 移植コーディネーター


終盤にある上の画のシーンの前後など ネタバレは止めておくので詳細は記さないが、見る人によっては感銘を受けるシーンなんだろうと思うけど、私に言わせれば噴飯モノでしか無い。


思うに、木村佳乃の演技力の乏しさはさることながら、


CO 移植コーディネーター


吉岡秀隆に社会派ドラマの主役を任せた事が そもそもこのドラマの失敗なのだ。


誤解の無い様に付記しておくが、映画「男はつらいよ」のミツオ それに「北の国から」の純は作品その物を含めて私にとっては比類無い名作だと思っているが、そのどちらにおいても吉岡秀隆が演じたミツオや純の代表的特徴は「優柔不断」 ゆえに、彼は「優柔不断」な人物像を演じさせれば天下一品なのであり それが「三丁目の夕日」に現れている


けれども、社会派ドラマの主人公が「優柔不断」では… という事だ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『尾野真千子』関連の記事

コメント

自分も視聴しました。
ユースケサンタマリアの役の方が
興味深かったですね。
普段COという職業をドライに割り切っていたけど
いざCO自身がコーディネートされる家族の側に回ったときの
葛藤、矛盾が良く出ていたように思います。

ああ、オンタイムじゃなくてDVDでご覧になったんですね。

いや、尾野真千子と木南晴夏が良かったのに記事にされないのは変だなって思っていたんです。

特に木南晴夏は素晴らしいと思いました。


一方で、3話以降は・・・というのにも同感です。

私は吉岡秀隆もさることながらユースケサンタマリアがだめでした。

最近のユースケはどれも同じような役で見ていてイライラします。

木村多江と出ていたプロファイリングのドラマの刑事役とか、最近NHKでやっていた木村多江の旦那の役とか、今関東で昼に再放送でやっている救命病棟24時に木村多江と出ていた医者の役とか、みんな同じに見えます。

★ やじ さん

なんか、第3話以降の物語には見続けているうちに「なんだかなぁ」感が増して
感情移入がどんどん出来なくなっちゃったんです


★ うごるあ さん

オンタイム時に録画に失敗したものでDVD化を待ってました。

ユースケサンタマリアもたしかにワンパターン化してますね 困ったものです。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。