« 今日の月(12月29日) | TOPページへ | コサメビタキ »

2011年12月30日

● 坂の上の雲 第十三(最終)話


ドラマ「坂の上の雲」の第十三(最終)話を見た




坂の上の雲坂の上の雲


今年のクソ大河とは比べようも無い程、見応えのある全13話だったと思う。


個人的には


坂の上の雲

坂の上の雲

坂の上の雲


前回と今回の日本海海戦のシーンは この時代の海戦を初めて巧く描いたのを見る事が出来、ここだけでも絶賛したいぐらいだ。


惜しむらくは 明治帝崩御と乃木の殉死まで描いて欲しかったけど、そこまで欲を張るのも如何かなと自分でも思うぐらいに満足している。


ブタネコ的には 実際には戦争継続する為の物資や資金が乏しく、タイミング的に日本としてはとても都合の良い講和だったのだが、


1.陸軍は旅順や奉天で勝利を治め、海軍はロシア海軍を壊滅させながら講和条約で
  勝利者としての扱いとはほど遠かった事


2.それに対して国民が大いに不満を抱いた事


3.そんな国民の怒りは 当時の新聞が煽った事


という三点を明確に描いたところに満足を覚える。


思うに、この頃の日本人って国民としての協調性がとても強固だったんだな


国が一丸となって他国と戦い 独立国家としての基盤を確立していく…


なんとなく、今の日本に一番必要な事だと思うだけに 放送のタイミングも悪くないのだが、どれだけそれが今の日本人に伝わるかは疑問なのがとても残念だ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『坂の上の雲』関連の記事

コメント

坂の上の雲、ここ数年の年末の楽しみとなっており、終わってしまった今一抹の寂しさを覚えます。

全体的にこの手のドラマでは近年稀に見る秀逸さでありましたね。

薩摩在住の身として、多数登場した薩摩人の薩音が非常によかったと感じました。
それと旅順要塞攻略戦において榴散弾がCGで再現されていた事に「うぉっ」と一人テレビの前で唸ったものでしたが
今回の日本海海戦でも帝国海軍の砲弾炸裂時に忠実に下瀬火薬が再現されていましたね。
炎に包まれるバルチック艦隊と水面弾着時に海水が蒸発するその描写にまたまた唸ってしまいました。

明治帝崩御による乃木夫妻殉死まであと2年ほど延長して製作してほしかったですね。

惜しむらくは乃木が明治帝に凱旋拝謁する手前で終わってしまいましたが
明治帝と乃木の涙の拝謁のシーンも盛り込んでほしかったなと思いました。

日露戦争(明治の戦争)と大東亜戦争(昭和の戦争)の一番の違いって何だろうって考える時
日露の時は陸海軍部に明確な戦争遂行計画があり、戦争の終結におけるビジョンが明確に確立されていた事であり
大東亜戦争時に於いては、陸軍の暴走に引きづられる形になり陸海軍とも戦争終結に関する方策に明確なビジョンがなかった事が一つにあると考えました。
何処までも用意周到だった明治の日本人と、行き当たりばったりの昭和の日本人。
日本は世界を相手に戦争に負け、国が滅び何を学んだのでしょうか?
今の玩具じみたエセ民主国家の日本人と昭和の日本人、結局誰も責任をとらない体質といい
日和見的な国民性・・・根本的な所は何も変わっていないんだなと感じた次第です。

今年もたくさんのエントリーに楽しませて頂きありがとうございました。

また来年も閻魔大王を軽くいなす勢いで、現世でまだまだ暗躍?^^;して下さいねw

あと数時間で今年も終わってしまいますが、来年は今年よりも笑って過ごしたいなって思っています。

ブタネコさんと大笑いした時の事を思い出し、少し懐かしく遠い目になってしまいましたヾ(´▽`;)ゝ

★ Wen さん

お久しぶりです

コメントをくれたという事は隔離生活から解放されたのだなと推察しお喜びを申し上げます。

>ブタネコさんと大笑いした時の事を思い出し、少し懐かしく遠い目になってしまいましたヾ(´▽`;)ゝ

嬉しい事を言うて下さる。^^

今年も新田原や築城には行けなかったけど諦めたわけではありません

そのうち、奇襲して差し上げます。


あっ7D手に入れられたのですね^^

私は1D X ボディを狙っていますが、あくまで狙っているまでです^^;

私も今年は何処の航空祭にも参陣出来ませんでしたが、来年はなんとか体に鞭打ってなんとかと思っております。

ブタネコさん的「トラ・トラ・トラ」・・・楽しみですね~^^

今年もあと2分余りですが、これが私のコメント納めとなりましたw

ブタネコさんへ
新年明けましておめでとう御座います。
旧年中は毎日毎日楽しませていただき誠にありがとうございました。本年も宜しくお願いいたします。
どのエントリーで挨拶を差し上げようかと迷ったのですが、久しぶりのWenさんの名前を拝見したので当エントリーで挨拶申し上げます。日本人に対するWENさんの見方もなるほどと思います。日本人というのは何か目標があれば一致団結してそこに突っ込んでいく国民性のような気がします。明治では先進の西欧諸国に追いつき追い越せ、昭和の敗戦では戦勝国に追いつき追い越せですが、さて追いついたら、どうしてよいのか分からず回りにあわせるそんな気がします。今ちょうど駅伝を見ているのですが追いついてもそこで抜き去るのではなく併走するのを見て、つくずく日本人だなーと思ってしまいました。今日本に必要なのは、目標をかかげる政治家ですね。破天荒でもよいです、平成の高杉晋作が必要だと思います。


★ Wen さん

2012年のコメント返しはWenさんからという事で 嫌でも今年も宜しくお願いします。

私の場合は昨年は教導隊が来なかったので 今年こそはと楽しみにしております。


★ タンク さん

こちらこそ 今年も宜しくお願いします。


>目標をかかげる政治家ですね。破天荒でもよいです、平成の高杉晋作が必要だと思います。

そうですね、それと同時に 私は他の政治屋がヘマした時に浴びせた言葉を 自分がヘマした時に自分に浴びせられないクズは政治から去れと言いたいです。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。