« 境遇 | TOPページへ | A子の話(その16) »

2011年12月04日

● ブリザード


BeeTVで配信されていたドラマ「ブリザード」のDVDを入手したので見た。




ブリザード


これを見るキッカケは


ブリザード


「夏帆」の名前を出演者リストに見つけたからなのだが、クローズド・サークル仕立てのシチュエーションミステリーとして典型的な展開なわけだが、あくまでも個人感で言えば昨今制作されて放送されたミステリー物としては上出来の部類に感じた。


ブリザード

ブリザード


ミステリー仕立てなのでネタバレ感想はしない様に心がけるが、残念に感じた部分は闖入者が登場する必然性が弱い事で それを袴田吉彦みたいな棒が演じた事によりさらに意味不明になってしまった事。


正直言って いくつかの理由から真犯人が誰かは判ったが、最後まで見終えて 展開のいくつかは見抜けず「ほぅ、そうきたか」と思う部分もあったからミステリー的にも楽しめた。


で、最も素晴らしかったのはラストの夏帆のワンカット(あえて画像は貼らない)


舞台設定は「ブリザード」というタイトルが示す通り極寒世界だが 最も凍えさせてくれたのは夏帆だった


これって、これも個人感だが若手の女優さんに私が期待する大きな一つなんだな


ちょっと大きく話題になったり、出来の良かった作品のキャラクターを引きずってワンパターンキャラでしか演じていないのを褒め続ける程私は暇ではなく ある日、突然全く別の人物像を演じて見せてくれて そこで魂をクッと鷲掴みにされたり、キャンタマをキュンとさせられる瞬間を楽しみたくてドラマを見ている部分がある。


それだけに、今回の夏帆は素晴らしかった。


「お~っ、とうとう そこまで見せてくれる様になったか」と。


こういうサプライズ的な喜びを 私は他の若手女優にも期待しているんだけど 残念ながらワンパターンキャラへと向かうのがちらほらと… それがとても残念なんだな


それと、


ブリザード


上の画の子は「志保」


かつて「あいくるしい」というクソドラマで「萩原聖人」の娘役を演じ、その後久しぶりにドラマ「銭ゲバ」で「女中」役を演じているのを見て「頑張ってるなぁ」と感じたのだが またここでさらに頑張ってる姿を見れた事は実に嬉しいので記しておく。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『夏帆』関連の記事

コメント

 これは全く知りませんでした。夏帆観たさに、レンタルDVDを借りて来ます(笑)。

★ ハウプマン さん

BeeTV配信なので 気づきにくいですよね^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。