« 尾上寛之 in ドラマチック・アクターズ・ファイル♪ | TOPページへ | 木村多江 in グラン・ジュテ ~私が跳んだ日~ »

2011年11月04日

● サンマの刺身


「秘密のケンミンSHOW(11月3日放送)」を録画で見た。




ケンミンショー


ケンミンショー

ケンミンショー


ケンミンショー

ケンミンショー

ケンミンショー


今回の番組を見ていて個人的に思った事をそのまま記すと…


私が東京の大学に進学して間もなく バイト先の雀荘でちょっとした喧嘩があった。


それは、労務者風の4人組が囲んでいた卓で最初はたわいもない口論から始まり、あっと言う間に掴み合いになったのだ。


で、別の店員と二人で喧嘩しているところを割って入りなだめたのだが… その時の喧嘩の原因が「さんまの刺身」だった。


要するに… 麻雀をしながら雑談を交わしていた時に「今まで食べた刺身で一番美味かったのは?」という話題になり 4人のウチの一人が北海道(それも釧路)の出身で その男が「脂ののったサンマが最高だ」と言ったのを 他の3人が大笑いして「サンマなんか刺身で食えるか」と馬鹿にし、特にそのうちの一人が「余程、オマエのウチが貧乏でサンマを焼く事も出来なかったんだろ」と嘲笑ったのだ。


今から30年ほど前、サンマを刺身で食べるという食べ方は本州以南では殆どの人が知らなかったはずだ。


実際、私は北海道の出身だが、基本的には札幌育ちで その頃の札幌でも知らない人は多かったはず。


私はたまたま喫茶「職安」のバイトで道東に行く機会があり、職安の常連さん達から教わり、連れて行ってもらった店で何度か食べた事があるから知っていたけれど、道東に知古のない者は北海道内でも知らない人の方が多かったと思う。


で、たしか私の記憶では


「サンマは痛みやすいから よほど鮮度が良くないと刺身では食べられない」


というのが理由で札幌辺りですら サンマを刺身で食う…という意識すら持ち合わせていなかったのだ。


で、雀荘の喧嘩に仲裁に入り 北海道出身の男が


「オマエらはただモノを知らねぇだけだ」


と吠えても、喧嘩相手や一緒に卓を囲んでいた者は言うに及ばず、その店の中にいた私以外の従業員や他の客は総て


「バカ言ってんじゃねぇよ」


と、相手にもしなかったんだな。


でも、私は食べた事があるし モノによるけれど運が良ければトロ並みの美味さだという事も知っているから、逆に本州人がそれを知らない事に驚く同時に 日本は狭い様で広いと思ったものだ。


で、近年は運送技術や保存技術の発展などで本州以南でもサンマの刺身は食べる事が出来、「珍味」だともてはやす人も少なくないが、ほんの30年前は「刺身で食べれる」事を誰も信じてすらくれなかった事を思い出すと心中複雑なものが少しだけある。


それと…


ケンミンショー


「ショウガやワサビをすり潰す手間を省きたかった」


一味醤油で食べる理由をこのオッサンはそう解説するが、正直言って この意見を全面否定はしないけど、私は肯定もしない。


私に言わせれば 単純に(道東に限らず北海道人は)一味唐辛子をかけるのが好きなだけだ…と。


考えてみるが良い。


氷下魚(カンカイとも呼ぶ)の干物やイカのスルメや一夜干しなどを食べる時、北海道人の多くは醤油にマヨネーズと一味を混ぜたモノをつけて食べる


本州以南では「豚串」なんて呼ばれるが道産子の間では「豚の精肉」と呼ぶ焼き鳥やレバーやハツを塩で食べる時は洋辛子、タレで食べる時は一味を軽くふりかけるとひと味美味いと好む者が多い


それに、具によるけれども、味噌汁に一味を入れるのが当たり前と思っている道産子も少なく無い。


サンマの刺身に一味を入れる…ってのが釧路近辺以外に広まらなかったのは そもそも、札幌みたいなところですら「サンマの刺身」が最近まで一般的に知られてなかったから その上に「一味」なんてのは縁がない限り知る由もなかっただけの事。


ちなみに、30年以上前に釧路で私が初めて「サンマの刺身」を食べた時 店のオバチャンが


「サンマの刺身は油がきついから 少し食べると口の中が飽きるのさ

 だから、飽きたな…と思ったら 醤油に南蛮(一味)を入れて食べて

 それも飽きたら 別の小皿で醤油に胡椒を入れて食べな」


間違いなく、そう言ってたのを覚えているし 実際そうやってそれぞれを食べたもん


どれも美味しかったけど、本当に美味しいサンマの刺身はやはり鮮度が一番で 近年、札幌で食べても脂の風味が違っていて味が今ひとつであり、数年前に釧路で旬の時期に食べたのは全く違って美味だった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ケンミンショー』関連の記事

コメント


半世紀前の白黒写真の中で座卓の中に秋刀魚の刺身が載っておりました。
私は祖父の胡坐の中に鎮座していましたが、確かにあの切り方、乗っけかたは秋刀魚でしたよ。
当然、父親も知り合いの漁師から仕入れた秋刀魚を貰ってきては、母が捌いて刺身にしていました。

今は昔…。残留なんちゃらがどうのとかで、ここはもう地場の刺身は風前の灯です。

ところが、どっこい^^
今日も、家の前の海でここいらでは通称『イシモチ』と『ヒラメ』を釣り上げては食卓に上がっています。

焼きと煮るのが主ですがね

μSV(マイクロ・シーベルト)、Bq(ベクレル)もサーベイ・メーターでは微量(と書くと騒ぐ輩がいますが、自然界のレベルです。)なので、大手を振って食べてます。

★ snow431 さん

ども、お元気そうでなによりです。^^

>サーベイ・メーターでは微量(と書くと騒ぐ輩がいますが、自然界のレベルです。)なので、大手を振って食べてます。

かねがね疑問に思っていたのですが…

たしかに事故の影響で拡散されたものも少なくないとは思います。

でも、事故前には全く無かったんでしょうかね?

あったけど誰もまともに測ってなかった…とか 

いや、測っていたけど誰も公表してなかった…とか

学者とか言う連中の話を聞いていても 結局は「よく判らない」って感じだし

こう言うと語弊はあるし怒られる可能性が大ですが、長崎や広島では全く何も
して貰えないまま60年以上経ったみたいな…

巧く言えないんですが、気にする必要はあるけど気にしすぎの様な 気にしても
どうにもならない様な… う~ん、巧く言えません。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。