« 本仮屋ユイカ in お願い!ランキングGOLD♪ | TOPページへ | 松下由樹の出演したCM »

2011年11月03日

● 私が恋愛できない理由 第3回


ドラマ「私が恋愛できない理由」の第3回の録画を見た。




私が恋愛できない理由


私が恋愛できない理由

「吉高由里子」


私が恋愛できない理由

「田中圭」




さて…


私が恋愛できない理由

私が恋愛できない理由


最近 私は「剛力彩芽」に注目していると いくつかの記事で述べたところ、ほぼ同じ様な内容の数件のコメントを頂戴したので まとめてお応えさせて頂くと…


私はドラマ好きを自認しており、面白いドラマの世界にどっぷりと浸かって現実逃避するのが大好きなんだな。


とはいえ、近頃はどっぷりと浸かれる秀作が数少ないわけだけど…


で、ドラマの出来を評価する時 主演の役者の演技ばかりを褒め称える人が多いけど、私はドラマの出来を左右するのは主役の演技もさることながら脇の役者の出来だと思っている。


ゆえに、私が個人的に高く評価するドラマの殆どの場合 少なくとも一人は脇で素晴らしい演技を見せてくれた役者がいる。


言い方は悪いけど、主役にロクな演技も出来ない ただ人気ばかりが先行しているタレントを起用しても高いクォリテイが発揮されるケースの多くは脇の俳優達の演技にカバーされたお陰


例えば、主人公のライバルとか いわゆるヒール(悪役)の演技によって主人公が より可愛く、格好良く映る


であるがゆえに、私は脇で光る俳優の方が好きだし 若手の俳優であれば誰しもいずれは自分が主役にと夢見るかもしれないけど そんな中で脇でキラッと光って見せてくれるのに出会うと そういう若手の成長に期待する。


このドラマで言えば「剛力彩芽」と「倉科カナ」は このところいろんなドラマで個性的な、率直に言えば悪役 憎まれ役的な演技を巧くこなして見せてくれているのだが、総体的に低いクォリテイのドラマだった事が惜しまれるだけで この先、どういう役柄を演じて見せてくれるのか楽しみで仕方が無い。


ついでに「香里奈」に関して私見を記させて頂くと 私は彼女が嫌いでは無い


ただ、映画「深呼吸の必要」で彼女を見た時は大いに期待したものだが、その後の彼女は主役や主要な役柄を演じる事は多いけど どれも悪くはないが際立って惹かれるものでも無く残念に思っているので、このクソブログにカテゴリーを設けてはいない


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『吉高由里子』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。