« 死にゆく妻との旅路 | TOPページへ | カレ、夫、男友達 第1回 »

2011年11月02日

● 謎解きはディナーのあとで 第3回


ドラマ「謎解きはディナーのあとで」の第3回を見た。




謎解きはディナーのあとで


謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで


基本的に北川景子は明治大学を卒業するだけの才媛であり、眼鏡をかけた表情は知的さを充分に醸してもいる


しかしながら、興味深いのは「LADY~最後の犯罪プロファイル~」では知的そのもののプロファイラー役でありながら、知的さは発揮出来ずに空振り、この「謎解きはディナーのあとで」においては 知的の様で少し抜けてるお嬢様を演じながら、可愛い子ぶる喋り方に下手くそさを隠し切れていない。


ドラマとしては決してつまらなくはない 特に日曜日の歴史捏造モノとなんかじゃ比べようもなく良い出来とは思うけど 似た系統の「富豪刑事」に今ひとつ追いつけないのは
執事とお嬢様の間に恋愛めいた感情を持ち込もうとする映像制作者達の姑息さが鼻につくからだと思う。


謎解きはディナーのあとで

「高杉亘」


謎解きはディナーのあとで

「黒川芽以」


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『北川景子』関連の記事

コメント

こんにちは、おひさしぶりです。

セリフの中で妙に「てにをは」が強調され過ぎる人っていますよね。
しかもセリフの言い回しが全然自分の言葉になっていない人は見ていて痛々しいです。

このドラマの「彼」もそんな一人だと思いました。
お話の面白さを削いでいる気がしてならないです。

とりあえず「彼」が気になりすぎて、「彼女」の方はまだじっくり見れていません。

だから多分次もまた見てしまうんだろうなと思います。(-_-)

★ Rin さん

ども、お久しぶりです。^^

その「彼」に関しては盲目的なファンが多く鬱陶しいばかりではありますが…

そういった鬱陶しい方々からの非公開コメントに対し 私が常々申し上げているのは

「その彼のドラマでの台詞回しと ZEROにおけるニュースの読み上げと私には全く同じ
 テンションに感じられてなりません。
 で、もし、彼の台詞回しが演技として素晴らしいモノであるとするならば それと
 全く同じに聞こえる彼のZEROでの発言は「演技」という事なのでしょうか?
 いや、演技じゃないよ 素の素敵さなんだよ… 盲目的ファンとやらの多くは
 きっと、そう解釈・弁護するのでしょう

 だからこそ私は申し上げたいのは

 ”素でやってるのであれば、演技が素敵とか言って役者扱いしてんじゃねぇよ”と。」

以上です。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。