« オジロワシ ローパス | TOPページへ | 謎解きはディナーのあとで 第5回 »

2011年11月17日

● 管制塔


2011年に公開された映画「管制塔」のDVDを入手したので見た。




心中天使


先日、このクソブログに「橋本愛」のカテゴリーを設けるにあたり 彼女が出演した映画やドラマのDVDをいくつか発注したのだが、真っ先に届いたのがこの映画のDVDだったので語ってみる。


心中天使

心中天使


先日「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」という映画の記事を掲示した際にidyllさんから頂戴したコメントの一部を引用すると

『管制塔』という映画にも出ていました。
ストーリーは『君と歩いた道』的なベタだったり・・・
机の花瓶は『Love letter』のシーンを彷彿させたりとか・・・(花瓶を投げつけなかったけど)
赤い花マルなんか、まるっと『ゴールデンスランパー』のパクリみたいだし・・・
脚本もチト無理がある気が・・・セリフがクサくて。

でも橋本愛さんで救われたかなって作品でした。


「管制塔」という映画を見終えた時、まさにidyllさんの仰るのとほぼ同様の感想を抱いた。


心中天使


が、それとは別に 私は個人的に違う感想も同時に抱いた。


その要因は


心中天使

「橋本愛」の笑顔を見たからだ。


考えてみると、私がこれまでに見た「橋本愛」の出演作(MM9や告白)において 彼女のまともな笑顔を見た事が無かったんだな


ま、役柄も実に個性的で笑顔の子と言う感じじゃなかったから仕方が無いんだけどもね。


例えば、この「管制塔」における「橋本愛」が演じた女の子は借金取りから逃げる父親の関係で転校してきて やはり、父親の逃亡について転校していく


その流れのシチュエーションや一つの曲を背景に描いた構成はは「TWO LOVE」の「君と歩いた道」とかなりの部分がカブる。


が、「管制塔」という曲も悪くは無いんだけど 浜田省吾の「君と歩いた道」にはかなわないわけで その差が映像の差だと言っても良いかなとさえ思う。


でね、私は「君と歩いた道」を見た時 私が学生だった時、そしてその後、喫茶「職安」の関連で働いた時の思い出が蘇り何とも言えない気持ちになったのだが、申し訳ないが「管制塔」からはそんな気持ちにならなかった。


けれども、「管制塔」からは別の記憶、というか思い出が蘇る。


それは中学生の時に転校してきた女の子(今のウチの嫁だ)


心中天使


この画の「橋本愛」が演じる女の子の雰囲気は まさに転校してきて間もない頃の嫁なんだよな


教室で笑う顔なんか見た事無かったんだけど 登下校で一緒に二人だけで歩いている時に


心中天使


こんな感じの可愛い笑顔を一瞬だけ、ごく希に見せる事があり その表情に私は結局ヤラレたんだ。


だから、普通であれば「クソ映画」とこき下ろすところなんだけど こき下ろせない私がいる。


そう、「橋本愛」の笑顔は武器 それも強力な兵器だ。


それを教わったぶん、この映画はクソ映画なんだけど見て良かった… 私は個人的にそう思った。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『橋本愛』関連の記事

コメント

ブタネコさん

この映画・・・酷評はしましたが、嫌いじゃないです。
嫌いじゃないだけに、なんか残念という感じです。

原則的にこういった青春系は僕の好物ですから♪

確かにこの映画で見せてくれた、橋本愛さんの笑顔は「強力な兵器」ですね。
ボーフレンド宅で晩御飯をご馳走になった後のシーンで、見せた表情も秀逸でした。
あの寂しさを漂わせた儚げな笑顔・・・オジサンの心はピンポイントで打ち抜かれまスた。

ブタネコさん、素敵な奥様ですね^^

>それは中学生の時に転校してきた女の子(今のウチの嫁だ)

 と、いうことは「B子さん」が奥様ですか?? 性格的にはA子さんが
奥様かと思っていたのですが~(笑)。

★ idyll さん

そうなんです、私も好きなんです こういう映画^^;

>素敵な奥様ですね^^

ノーコメント


★ ハウプマン さん

ノーコメント


ようやく見ました、これ。遅すぎてスイマセン。

もう6月になっちゃったけど、思えば5月は怒涛の「橋本愛」月間でした。

ドラマに映画と何本「橋本愛」を見ただろう・・・

でも「橋本愛」だけに関して言えばこの「管制塔」が一番良かったですね(NHKの「はつ恋」に関しては、多分ご覧になっていると思いますが、良くなりそうな予感がしてます。セーラー服だし。話自体はまだ分かりませんけど)。

ブタネコさんは個人的な想いも絡んでるので私とは違う感想なのは当たり前ですけど、でも単純に一人の女優さんとしてこの映画の「橋本愛」は魅力いっぱいでした。

これを見ずして「橋本愛」ファンは名乗れないなぁ(でも名乗ってたな、俺)。

映画としては残念っていうのが「残念」ですけどね。もしこの役を橋本愛以外の娘が演じてたら・・って考えると何も残らないですからね。

★ うごるあ さん

>はつ恋

見てますよ。^^ 記事にしようかするまいか悩んでました。(悪い意味では無く)


>もしこの役を橋本愛以外の娘が演じてたら・・って考えると何も残らないですからね。

そう、そこなんですよね

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。