« 赤い霊柩車28 漆黒の記憶 | TOPページへ | 大森南朋のCM3本 »

2011年10月08日

● 尾野真千子 in 土曜スタジオパーク♪


「尾野真千子」が「土曜スタジオパーク」に出演しているのを録画で見た。




土曜スタジオパーク


土曜スタジオパーク土曜スタジオパーク

土曜スタジオパーク

土曜スタジオパーク

土曜スタジオパーク土曜スタジオパーク

土曜スタジオパーク土曜スタジオパーク

土曜スタジオパーク土曜スタジオパーク


別記事にも記したが「カーネーション」の出だしは ヒロインの幼少時代を演ずる子役とその後を演ずる「尾野真千子」とに とてつもない隔たりを感じ、まだ馴染む事が出来ずにいるが ヒロインが尾野真千子と年相応の年齢になる頃には 子役がトラウマにならない限りなんとかなるんじゃないかと期待している。


色々と御意見はある様だが、私は尾野真千子が明るい女の子を演じる姿を見るのが楽しみだったので期待しているのだが…


出来れば知りたくなかったのが、彼女が演ずるヒロインのモデルがコシノ三姉妹の母親である事は最終回が終わるまで伏せておいて欲しかった。


猿の惑星


「猿の惑星」かと思ったもん。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『尾野真千子』関連の記事

コメント

>猿の惑星

私はスターウォーズの「ジャバ・ザ・ハット」かと思いました。


>馴染む事が出来ずにいる

私は岸和田の言葉に詳しい訳でもなんでもないですが、小林薫の方言がイマイチしっくりこないな、と思って調べてみたら京都出身なんですね、この人。

岸和田と言えば「荒々しい」、京都と言えば「やわらか、はんなり」というイメージがありますが、それでイマイチ合わない感じがするのかな。でも面白いですね。地図上では大して離れているわけでもないのに。

尾野真千子自身も、奈良と同じ関西という事で近いんだけど、それだけに微妙な違いが難しいと言っているようですね。

★ うごるあ さん

>馴染む事が出来ずにいる

私が馴染めないのは 子役で、方言はどうでもいいです。

奈良であろうが、岸和田であろうが、姫路であろうが 北海道では「関西人」で一括りですからね。^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。