« ジウ 第7回 | TOPページへ | 勇者ヨシヒコと魔王の城 第10回 »

2011年09月10日

● 魔術はささやく


SPドラマ「魔術はささやく」を見た。




魔術はささやく


主演の木村佳乃はともかくとして…


魔術はささやく


「谷村美月」


魔術はささやく

「大杉漣」


魔術はささやく

「江口のりこ」


魔術はささやく

「松重豊」等、個人的お気に入り俳優が出演していた。


内容についての個人的感想としては サスペンス系のドラマとしては良く出来ていたと思う。


が、主役の木村佳乃が棒演技に近く もう少し巧い人が演じていたら、もっと楽しめた様に思う。


蛇足だが、あくまでも私見だが 聞いた話によると、大手広告代理店やテレビ局においては個別のタレントや俳優に対して その人が出演したら*%とれる…みたいな数字を個別に算出しており、CMやドラマの起用に関して参考にするという

私は、その数字とは別に

「このタレントが出演したらドラマ(映画)のクォリティが*%下がる」

という感じの指数の存在を感じている。


で、視聴率の指数と 私見のクォリテイの指数は必ずしも並び立ってはおらず、代理店が5%はとれると指数でふんでいる俳優でも クォリティは10%下がったりする…という風に


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『推理物』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。