« 最近、私が愛車を走らせながら車内で熱唱している3曲 | TOPページへ | 勇者ヨシヒコと魔王の城 »

2011年07月02日

● 東京コントロール 7・8・9・10(最終回)


ドラマ「東京コントロール」の 7・8・9・10(最終回)をDVDで見た。




東京コントロール


正直言って、このドラマには個人的に色々と期待していた。


飛行機写真を撮りに千歳や丘珠に行き航空無線を聴いている身としては 管制官の業務や日常に興味があったし、航空路の動きやトラブルが生じた時の状況なども


そういう面では興味深い描写もあったけど 最終回まで見通して一番私が感じた事は このドラマの制作者達は何が描きたかったの?って事。


それに関して 私が一番強く感じたのは「人間模様」って事なんだけど コーヒーを煎れる達人とか、映画オタクとか管制には関係の無い奇人ばかりが目立っていたし 熱い新人もただ鬱陶しいだけで これって別に管制官がベースじゃなくてどこかの警備会社や道路交通センターがベースでも特に何も変わらない


特に


東京コントロール


ヒロイン的存在に この女性を起用した事と、そのヒロインの描き方に大きな間違いがある。


その理由としては彼女の演技が棒…というのはもちろんの事だが、第1話で空中の担当エリア内に混在する航空機達を迅速に整理して並べる能力を あたかも超能力者の様に描いていたが、その超能力が発揮された場面は その後にひとつも無い。


起用したメリットを皮肉って言えば 彼女の重要な場面ではヒステリックさばかりが目立ち、おそらく今後 彼女が別のドラマに出演しているのを目にしたならば そのヒステリックさがトラウマの様に鼻について仕方が無くなるだろう。


それと、2話や3話のあたりから気になっていたのだが このドラマの中にはいくつかの場面で自衛隊が登場する …と、言ってもシチュエーション的に自衛隊機も空を飛んでいるわけだし、訓練空域も設定されているから登場しないわけがないのだけれど。


ただ、そんな中で気になったのは時任三郎が演じた人物が自衛隊を「アイツら」とあたかも目の敵みたいに言うシーンがいくつもある。


たしかに管制官にとって旅客機とは比べるまでもない高速で移動し 縦割り行政的には国交省とは別の防衛省関連は邪魔な存在かもしれないが なんか、その言い回しに焦臭さを感じていた。


結果的に言えば それは最終回に「へぇ、なるほどね」みたいな帰結へと繋がる布石だったと制作者達は考えているのかもしれないけど、いくら自衛隊応援派の私でも 最終回の描き方は泣けない。


そんなんで泣かせたり、同意を得ようと思うのなら もっと自衛隊を知ってからにしてくれないと そもそもアイテムみたいに自衛隊を利用して欲しくない。


ゆえに、総論的感想を述べると 回を増す毎に失望と不快感も増す作りにガッカリした。


東京コントロール

東京コントロール

東京コントロール

東京コントロール


「近野成美」の次回出演作に期待する。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『近野成美』関連の記事

コメント

私は馴染みの無い管制官の仕事というのを垣間見れている、という事でいっぱいいっぱいで、未熟にも自衛隊に対する扱い方までは感じ取れませんでした。

人間ドラマ、という事に関して言えば完全に同意です。ドラマの部分だけで言えば見るのが苦痛でしかなかった。

それでも見続けたのは私にとってはこのドラマの意義が「普段馴染みのない管制官という仕事をほんの一部ではあろうけど知ることができた」という事にあるからなんですが。

それも、このドラマがちゃんとそこら辺を忠実に再現していれば、の話ですけどね。

まあ、だったら「ドクターヘリ」と一緒で、一時間でも良いから実際の管制官を追ってドキュメンタリーでも作ってくれたほうが良かったかも。


しかし、もうDVD出たんですね、早いなぁ。ついこの間終わったばっかりだと思ってましたが。

★ うごるあ さん

>一時間でも良いから実際の管制官を追ってドキュメンタリーでも作ってくれたほうが良かったかも。

FLY!FLY!FLY!って関連の解説番組は秀逸でしたよ

>DVD

たしか、7話あたりが放送されるのと同じ頃にDVDの123巻が発売になってたんです

なので、別の理由もあって本放送を見るのを止めてDVD待ちにしました。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。