« 木村多江 新CM | TOPページへ | ピースボート 第1話 »

2011年07月08日

● それでも、生きてゆく 第1話


新ドラマ「それでも、生きてゆく」の 第1話を見た。




それでも、生きてゆく


それでも、生きてゆくそれでも、生きてゆく

それでも、生きてゆくそれでも、生きてゆく

まぁ、「満島ひかり」目当てで見続けるには重たいテーマではある。


でもねぇ、とりあえず第1話を見終えて思った事は なんらかの事件の被害者家族や加害者家族にスポットを当てる…という趣向は ある意味必要な事なのかもしれないとは思うのだが…


かつての映画「手紙(東野圭吾:原作)」で加害者家族を描いているのを見た時に漠然と感じた事でもあるのだが、例えば加害者家族にとって一番大きな悩みとも言える部分は「風評」なのだとするならば その「風評」のキッカケや根本ってマスコミやメディアの報道に起因してるんじゃないか?と


たとえば、町内会とか身近な地域で起きた事件でなければ 他の地域に住む人にとってその事件に関する情報は報道などで得るわけで その得方、特に報道の仕方に随分と影響を受けてその後の風評に繋がっていくとは思わないのかな?


ゆえに、映画は別として TVドラマとしてそういう話題を持ち出すのなら制作・放送するTV局自身の「あり方」をどう踏まえているのか?って事に私は気になるタチなんだな。


で、いままでの殆どのケースでは あたかも「ウチはそれなりの考えているんだけど他所がね」的な描き方で自身を何も省みていない事が明白なものばかり。


この「それでも、生きてゆく」がどうかはまだ判らないけど 嫌な予感がした事は記しておく。


それでも、生きてゆく

「田中圭」


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『満島ひかり』関連の記事

コメント

福田麻由子に期待していたんですけど、一話を見る限りではあまり出番は無いですかね。


それと、満島ひかりの演技は巷では結構高評価を得ているようですが、

うーん、どうですかねぇ。

いや、別に悪いとは言わないけど、最近の彼女の演技からはそんなにかけ離れたものではない、と言いますか。

あの、ちょっとパニックになってキョドった感じになるところとか、よく見かける感じなんですが、如何ですか?

★ うごるあ さん

>福田麻由子

言われるまで気づかず、確認してみたら満島ひかりの妹役だったんですね

>満島ひかりの演技

正直言うと、最近の彼女にはあまり魅力を感じる機会がありません。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。