« 先日、F-15を撮った際のまぐれの一発 | TOPページへ | 甲斐智枝美 「スタア」 »

2011年07月24日

● 白夜行


2011年公開の映画「白夜行」のDVDを入手したので見た。




白夜行


白夜行白夜行

白夜行白夜行

白夜行白夜行

「堀北真希」が主演という事とWOWOWが制作という事で見るのを楽しみにしていたわけだが…


この映画の最大の欠点は「何故、亮司が影になったのか?」という部分の描き方が希薄だった為に感情移入が出来なかった事。


それと、ファンの一人のつもりではあるが この「雪穂」という役に「堀北真希」はミスマッチだったと感じた。


あ、誤解の無い様に明記しておくと かつての「綾瀬はるか」によるTV版と比較して語るつもりは全く無いし、「綾瀬はるか」の「雪穂」を全面的に支持するつもりも無い。


あくまでも個人感だが、「雪穂」というキャラには


 ・何を考えているのか判らない

 ・多くの男を魅了する容姿

 ・秘めた冷酷さを隠す演技力


少なくとも上記3点が求められると思うのだが、上の二つには及第点を出してもいいが「秘めた冷酷さを隠す演技力」に関してはダメだ。


それはラストの亮司の死を目の当たりにしてからブティックに戻るまでの一連のシーンでの堀北真希の表情や仕草を指したいわけで、これに関しては演出にも文句を言いたいところなのだけど、まずは堀北真希の演技力をまずは責めるべきかとも正直言って感じたんだな。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『堀北真希』関連の記事

コメント

正直言うと、私はこの映画の堀北真希に関しては「多くの男を魅了する」という点もちょっと駄目かな、と思ってます。

いや、私も堀北真希のファンです。ガッキー以外で超絶美形は彼女ぐらいだと思ってます。

そんな私からも容姿すらイマイチに見えたのは、恐らく、やはりこの役が合ってなかったんだろうと思います。ちょっと今の彼女には中途半端だったか、まだ早かったか。

最近大人っぽい感じを垣間見せたりもしますが、今でも女子高生の制服が何の違和感もなく似合っているっていうのがその所以でしょうか。

むしろさかのぼって殆ど笑顔を見せなかったデビュー当時の彼女が雪穂の中高校生役をやったら合っていたかも。あの頃は本当に超絶な美少女でしたから。

そんな私はあの頃の彼女にやれ笑顔のバリエーションが乏しいだの言ってたんだから勝手なもんです。

★ うごるあ さん

>殆ど笑顔を見せなかったデビュー当時の彼女が雪穂の中高校生役をやったら合っていたかも

あ、それは言えてますね たしかに、そうだ。^^

twitterから流れて来た者です。よろしくお願い致します。

自分は堀北雪穂に対する期待は殆どなかったので、思ったほど悪くはなかったと加算法で捉えてます(笑)
作品自体も2時間半という、映画としては長い上映時間も長く感じることなく一気に見ることが出来ましたので良作だったのかなと思ってます。
これが深キョンの「幻夜」につながるのかと思うと幾らなんでもひどい仕打ちです。

ですが、ここに述べられてる指摘も、そうなんだよなぁと納得が行くのも確かです。
亮司の扱いが物足りなかったのは自分も感じました。
むしろ4~5話構成のドラマにした方が内容に深みが出てもっといいのが出来たんじゃないか?とも思ってしまいます。
雪穂についても確かにそうなんですよね。
ただ、3つのハードルをクリア出来る女優さんっているのかなぁ…

★ sane1102 さん


こちらこそ、twitterではお世話になっております。

なので、いつコメントが頂戴できるかと楽しみにしておりました。^^


>3つのハードルをクリア出来る女優さんっているのかなぁ…

sane1102さんが…という意味ではなく、一般的に…という意味で よく私は完璧主義者と誤解されているようですが、ただの「上から目線」なだけで 完璧を求めているわけではないのです。^^;

で、たぶん 3つのハードルをクリアできる堀北真希と同年代の女優っていないだろうとも思っています。

要するに私が記事中で述べたかった事は 若手の女優って新たな役を貰って良い意味で化けていくモノなんじゃないか?と思うわけで この「白夜行」の場合、堀北真希は「秘めた冷酷さを隠す演技力」という部分に成功できなかった…だけの事で 私は期待していたからこそガッカリなぶん「ダメ」と申し上げたい。


ただ、上のコメントの中で うごるあさんに

「さかのぼって殆ど笑顔を見せなかったデビュー当時の彼女が雪穂の中高校生役をやったら合っていたかも」

と指摘され、結果的に上手くいかなかったけど

「成程、それで配役されたのか?」

と納得できた部分は大きいとも感じています。


>これが深キョンの「幻夜」につながるのかと思うと幾らなんでもひどい仕打ちです。


仰る通りだと思います。

「船越英一郎」を「幻夜」に登場させた事が「つながり」を如実に物語っておりますが、秀逸な出来のドラマが多いWOWOWにおいて これはよもやの大失敗だな…とも

私は個人的に「船越英一郎」が演じた刑事の設定は私が原作から抱いたイメージに近く悪くなかったと思っており、それだけに亮司に向かって「俺はオマエが息子だと思っている」と叫ぶのはいいのだけれど、亮司の描き方が薄いから完全に空回っているとも感じ残念なんです。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。