« 浮標 | TOPページへ | 名前をなくした女神 第4話 »

2011年05月04日

● SP 野望篇


2010年に公開された映画「SP 野望篇」のDVDを見たので記しておく。




SP 野望篇

SP 野望篇


この映画をDVDで初めて見てまず感じた事は 映画館に行く事が制限されてなければ たぶん、順番通りに見たのであろうけど 3月の初旬にTVで放送された『SP 革命前日(Prelude to Episode VI)』を録画したままにしておいて見ないでおけば良かった…という後悔だ。


SP 野望篇


「堤真一」や


SP 野望篇


「真木よう子」が好きで見てるだけだから、ま、どうでもいいと言えばそれまでなんだけどね。


で、ふと感じた事は TVドラマの続編として映画を制作、もしくは まず映画で、TVドラマとのコラボ… フジテレビのその手法に関して今までは良い面が多かったと感じてきてはいたけれど、一昨年あたりからその手法で制作された「のだめ」「海猿」そしてこの「SP」に関して わざわざ映画にするクォリティか?という疑問が日増しに強く感じる。


たしかに、ビニ本(死語?)の如く 劇場で金を払ってからじゃないと駄作かどうか判らない新作映画に対して 最低限の満足価格とは言えると思うんだけど、「これならTVでスペシャルドラマでいいじゃん」と思わされるんだよなぁ…


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『真木よう子』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。