« 木下あゆ美 in 海賊戦隊ゴーカイジャー(3月20日放送) | TOPページへ | 今、話題の航空自衛隊の消防車 »

2011年03月21日

● なぁ、ナベツネよぉ


不謹慎だとお叱りを頂戴する事を覚悟して…




いくつかのTV局の報道番組や新聞を眺めまわして「ん?」と違和感に包まれた。


それは、「今回の震災の正式名称は何?」って事。


参考までに、ちょっと私なりに調べてみた事を記しておくと…



まず、TV局を調べてみると


     フジテレビ系列=東日本大震災

     TBS系列  =東日本大震災(部分的に「東北地方太平洋沖地震」)

     テレビ朝日系列=東日本大震災

     日本テレビ系列=東日本大地震


そう、民放では日本テレビ系列だけが「東日本大地震」と呼んでいる


とはいえ、


     NHK    =東北関東大震災


と、NHKも独自の呼び方をしてるわけだが NHKの場合はその性質上、独自になるのもなんとなく理解できるんだけど、なんで、日テレだけ違うんだろう?


では、新聞ではどうかというと


     朝日新聞=東日本大震災

     毎日新聞=東日本大震災

     産経新聞=東日本大震災

     日本経済新聞=東日本大震災


…ときて


     読売新聞=東日本巨大地震


さすが、日本テレビ-読売新聞ラインである。


が、スポニチ、サンスポ、日刊スポーツといったスポーツ各紙と同じく


     報知新聞=東日本大震災


という風に 報知新聞は日本テレビ-読売新聞ラインとは別線なのが ちと意外。


で、官庁関係は…と調べてみると


     気象庁=東北地方太平洋沖地震

     防衛省=東北地方太平洋沖地震

     経産省=東北地方太平洋沖地震


という風に「東北地方太平洋沖地震」という呼称で統一されている。


で、この違いに関して「だから、何?」と聞かれても困るのだが…


不謹慎とは自覚しているが 私はこの呼称の不統一さに


踊る大捜査線

踊る大捜査線

踊る大捜査線

踊る大捜査線

踊る大捜査線

踊る大捜査線

踊る大捜査線


というシーンを思い出さずにいられない。


映画のこのシーンは気持ちよく笑えるのだが、現実でもし似た様なシーンがあるのだとすれば笑えないもんね。


それと、先日 本当に久しぶりに読売新聞のナベツネをメディアで見た。


あくまでも私の個人感だが、プロ野球をツマラネェ物にしくさり 私がプロ野球に対する興味を全く失ったキッカケの殆どが このナベツネの仕業


で、今度はセ・リーグの開催日が…って件で 復興の明かりをプロ野球が…なんて理由で自説を主張しているらしいが、「戦後の復興」にはたしかに「プロ野球」の意義は大きかったかもしれないが テメェでファンを離れさせておいて今更なにをか言わんやである。


高校野球の開催、及び被災県の学校の出場にもグズグズぬかしたようだけど 基本的に「興行」のプロ野球と「教育の一環」の高校野球を 同じ土俵で語るなボケジジィとあくまでも個人的に言っておきたい。


が、高校野球の件に関して こぞってマスコミが被災地からのとある高校を「震災後、ボランティアに励み…」とか「選手の家族や同級生達の多くは避難所で…」とか 必要以上に得意の「お涙頂戴」に飾り立てる報道は辟易とする。


被災地高に同情はするが、それと試合は別である。


被災地高もさることながら、その対戦相手にまで余計なプレッシャーをかける報道はメディアとして如何なものかと猛省を望む。


で、最後にあらためて…


なぁ、ナベツネよ そんなにナイターをドームでやりたいのなら、ドームの電力に見合うかどうかは判らないが、せめて日本テレビのその時間の放送休止ぐらい交換に提示してみろや


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『東日本大震災関連』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。