« 大切なことはすべて君が教えてくれた | TOPページへ | コレアリ(1月25日・2月1日放送分) »

2011年02月01日

● 探偵物語


先日、1983年公開の角川映画「探偵物語」が放送されているのを録画して見た。



探偵物語


主演は


探偵物語

「薬師丸ひろ子」と


探偵物語

「松田優作」


この映画が封切り公開された時期を過ごした者としては この映画は記念碑的存在の一本だと思う。


で、30年近くが経過した今 あらためて見てみると、たしかにストーリーは当時は人気だった赤川次郎の典型的パターンではあるが 出演している俳優達や、当時のトレンドだった服装や化粧などが とても懐かしい。


あくまでも個人感だが 私は個人的に角川春樹という人物は好きでは無い。


しかしながら、封建的だった当時の大手と呼ばれた映画会社の偏った制作や 巨匠と呼ばれた監督達の奇妙な芸術家意識に風穴を開ける様な初期の映画制作は高く評価すべきとも思っている。


探偵物語

探偵物語


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『角川映画』関連の記事

コメント

なつかしいですねぇ。
当時、映画館に見に行きました。
原作も読みましたし、VHSも買っちゃいました。確か、19800円とかしたんじゃないかなぁ・・・

BSで放送されていたんですねぇ・・・ノーチェックでした。

★ TomokunMac さん

ですね、高かったんだよなぁ…


当時、カドカワノベルズの探偵物語の初版を
本屋で並んで買った記憶が(遠い目
たしか松田勇作と薬師丸ひろ子(水色のワンピで黒のドット?)が表紙でした。
坂上美和、北詰友樹は今何処?
最後の空港のキスシーン、長かったですね(笑い

★ やじ さん

松田優作と薬師丸ひろ子という組み合わせが 今思えば貴重だったんだなぁと思う今日この頃です。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。