« 民間機の夕景(2) | TOPページへ | ほこxたて(2月15日放送) »

2011年02月15日

● それは、突然、嵐のように…


2004年の1~3月期にTBS系で放送されたドラマ「それは、突然、嵐のように…」が 先日まで北海道地区で再放送されていたので録画して見た。




このドラマはオンタイム時には 私はちゃんと見ていない。


で、このクソブログが今の様なカタチになって間もない頃、このドラマに「木村多江」と「綾瀬はるか」が出演している事に気づいてはいたが あえて今まで記事にしなかったのは別に明確な理由があるわけでも無い。


たまたま、今回 再放送されたのでありがたく録画させて頂いたから、ついでに記事を記しておこう… その程度の扱いでしか無い。


それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…


それは、突然、嵐のように…それは、突然、嵐のように…




さてさて…


2004年の「木村多江」と言えば まだまだ知る人ぞ知る存在だったのだが、今映像を見直すと さりげない仕草や台詞回しに引っ張る魅力が目に付く。


そして、2004年の「綾瀬はるか」 このドラマでの彼女は終始不機嫌な女の子役だった為、ともすれば「なんだコイツ?」ってイメージが定着しても仕方ない しかしながら彼女にとってのこの2004年とは『冬空に月は輝く』、ほんとにあった怖い話『横断歩道奇譚』、『極限推理コロシアム』などに出演し『世界の中心で、愛をさけぶ』へと至ったステップアップの時期だったんだな


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『綾瀬はるか』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。