« 千歳なう | TOPページへ | JALジャンボ(国際線仕様) »

2011年02月03日

● 係長 青島俊作


昨日『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』という記事を掲示したが、このDVDはその映画の番宣も兼ねて制作された携帯ドラマ




昨日の記事の中で


いくつか気になる点はあったけど面白かった。


と、記した様に 私は映画本編を面白かったとは感じたが 全面的に絶賛する出来とは思っていない。


特に、一番個人的に強く感じているのは「踊る大捜査線」の各シリーズ作における私にとっての最大の魅力は コミカル仕立てであるにも関わらず、最後にジーンと痺れる場面がある事。


例えば、最初のドラマシリーズの場合 真下が撃たれた時に見せる面々の表情と その後の犯人逮捕までの流れであり、「THE MOVIE」で言えば いかりや長介の敬礼から負傷した青島の乗った車を敬礼で見送る各警察官のシーン


で、「踊る大捜査線 THE MOVIE3」の場合 その「ジーン」が無い。


おそらくは制作者達はここで観客がジーンとなるはず…と、意図したと思われる場面はいくつかあったけど 申し訳ないが、私にはどれも物足りなかったんだな。


それが、


踊る大捜査線THEMOVIE3


この「係長 青島俊作」を見て よく判った。


というのは、この「係長 青島俊作」には 先述した「ジーン」がある。


踊る…ファンなら必見だと思うので あえて内容のネタバレは記さずにおくが 踊るシリーズに共通の「ジーン」を間違いなく私は感じたのだ。


それと、この中で


踊る大捜査線THEMOVIE3


第九話の中で「織田裕二」が見せた「青島俊作」の姿は かつてのTVドラマシリーズの時の青島を久しぶりに垣間見た思いすら感じた。


が、ひとつだけ残念だったのは


踊る大捜査線THEMOVIE3


上の画のオネェチャンが凄まじいまでの棒だった事。


昨年夏のヨーカドーのCMを見た時は「ほぅ」と思ったが その後、いろんな番組(特にバラエティ番組)で彼女を見る度にウナギ下がりなテンションになる。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『踊る大捜査線』関連の記事

コメント

おひさしぶりです^^

ぶたねこさんの記事をよんで早速DVDBOXを購入 本日やっとこれを見ました。
いや~おもしろかったですね踊るシリーズらしい展開と「ジーン」
購入して良かったです。 ブタネコさんありがとうございます。

★ けんしろう さん

個人的には映画本編よりもこちらの方が気に入ってます。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。