« 外交官・黒田康作 第2話 | TOPページへ | おのぼり物語 »

2011年01月21日

● 子和え


1月20日放送の「ケンミンショー」を見た。



子和え



子和え


子和え子和え

子和え子和え

子和え子和え

子和え子和え


確かに「真だら子」は北海道では 何の変哲も無い食材


「子和え」も ごく一般的な料理。


番組内では「子和えは”たらこ”を用いず”真たら子”を用いる」と強調していたけど…


我が家の「子和え」は「たらこ」を用い、”真たら子”を用いる事は殆ど無いので 個人的にはこの番組で報じる内容を複雑な心中で眺めていた。


我が家の「子和え」が「たらこ」なのは ひとえに亭主である私のせいである。


というのは、「たらこ」は私の好物であり 「たらこ」さえあればどんぶり飯を軽くたいらげる事が出来る。


朝食ではひとかけらの「たらこ」か「筋子」を食べたい。


ゆえに、我が家では「たらこ」が常備食材なのだが 当然、食べ余ったたらこは放っておけば腐るので 日持ちがある程度限られた時点で嫁は「子和え」へと加工するから たらこ同様、「子和え」も冷蔵庫にはいつも入っている事となる。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ケンミンショー』関連の記事

コメント

ブタネコさん
ボクも見ましたよ。
糸こんにゃくにたらこですよね。味は想像できるし、美味しそうですよね。
ま、ダイエット食品でパスタ麺をこんにゃくで作っているものを販売しているぐらいだから、、、、、

スケソウでも行けるんですねぇ。

★ TomokunMac さん

たまに真たら子のを食べるんですが 私としてはたらこに慣れているせいか物足りません

というか、これも それぞれの家庭独自の味付けなどがあり 味噌汁同様、道産子にとっての家庭の味って奴なんですね


ブタネコさん
ナルホド。お味噌汁ね。分かります。郷土料理ってそうゆうものですもんね。
でも、東京じゃ真たらこは手に入らないからなぁ。足が早いって言っていたから、築地でも見れないでしょうから。
北海道に食べに行くしか無いのかなぁ!

★ TomokunMac さん

とりあえず、たらこで試してみたら どうですか?


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。