« 坂の上の雲 第8回 | TOPページへ | 獣医ドリトル 第8~最終話 »

2010年12月19日

● パーフェクト・リポート


2010年10~12月期にフジ系で放送された「パーフェクト・リポート」に関する記事です。




●新ドラマ「パーフェクト・リポート」 第1話を見た。


パーフェクト・リポート


パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート

パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート

パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート

パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート

パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート

パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート

パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート

パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート

パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート

パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート

パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート


第1話を見終えて この回に限って言えば、ストーリーに持っていかれた。


ただ、全体の設定・構成に関して言えば このての局内ドラマは過去にもいろいろと制作されしており、社内の人間関係とか TV局の報道の姿勢とかそういったもので主人公達が振り回されたり、正義とは何か?とかを考えさせるのはいいけれども 未だに、というか近頃は年々悪化の一途を辿るTV局の報道の姿勢を考えた時 こういったドラマが正しい報道のカタチを示せば示すほど 何もその局全体に良い影響を与えていないというギャップの大きさが悲しくなる。


また、こういった局内ドラマに往々にしてありがちなのは 終盤でその局内のスキャンダルが発覚し、それをどの様に報道するか…っていうワンパターン・ストーリーになる事が多い事


まさかとは思うけど、この「パーフェクト・リポート」がそんな結末に至らない事を ただた願うばかりである。


ちなみに、この第1話を見た限りで言えば「松雪泰子」や「小日向文世」の安定感もさることながら、「相武紗季」と「小出恵介」がとても良い。


「獣医ドリトル」における「小栗旬」同様 歳相応でのいろんな役柄に挑戦する…という姿勢を大いに評価したい。




●ドラマ「パーフェクト・リポート」 第2話を見た。




パーフェクト・リポート


パーフェクト・リポート

「松雪泰子」


パーフェクト・リポート

「相武紗季」


パーフェクト・リポート

「小出恵介」


パーフェクト・リポート

「小日向文世」


パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート


感想は特に無い。




●ドラマ「パーフェクト・リポート」 第3話を見た。




パーフェクト・リポート


パーフェクト・リポート

「松雪泰子」


パーフェクト・リポート

「相武紗季」


パーフェクト・リポート

「小出恵介」


パーフェクト・リポート

「小日向文世」


パーフェクト・リポート


今週もなかなか良い「お涙頂戴」だったと思う。


で、いつもいつも褒めてばかりじゃ私らしくないので一言、苦言を呈しておくと…


毎回、ホロッとさせられるのはゲストの演技と脚本ばかりなんだな


レギューラー格の台詞には まだジーンとシビレさせられていない。


各話完結形式の「お涙頂戴」は それはそれで悪くはないが、最終回を見終えた時に総合的なドラマ評価はレギュラー格の設定であり、台詞であり、印象で ともすれば最終話に「なんだそれ?」みたいに大コケする事を判っているんだろうか?…という疑問と予感が少しづつ強くなっている。




●ドラマ「パーフェクト・リポート」 第4話を見た。




パーフェクト・リポート


パーフェクト・リポート

「松雪泰子」


パーフェクト・リポート

「相武紗季」


パーフェクト・リポート

「小出恵介」


パーフェクト・リポート

「小日向文世」


パーフェクト・リポート

パーフェクト・リポート


ビタミンB2が不足のため感想は無し。




●ドラマ「パーフェクト・リポート」 第5話を見た。




パーフェクト・リポート


パーフェクト・リポート

「松雪泰子」


パーフェクト・リポート

「相武紗季」


パーフェクト・リポート

「小出恵介」


パーフェクト・リポート

「小日向文世」


愛に飢えているので感想は無い。




●ドラマ「パーフェクト・リポート」 第6話を見た。




パーフェクト・リポート


パーフェクト・リポート

「松雪泰子」


パーフェクト・リポート

「相武紗季」


パーフェクト・リポート

「小出恵介」と「小日向文世」


肩こりがひどくて感想は無い。


パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート




●ドラマ「パーフェクト・リポート」 第7話を見た。




パーフェクト・リポート


パーフェクト・リポート

「松雪泰子」


パーフェクト・リポート

「相武紗季」


パーフェクト・リポート

「小出恵介」


パーフェクト・リポート

「小日向文世」


ちょいと野暮用で感想は無い。


パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート




●ドラマ「パーフェクト・リポート」 第8話を見た。




パーフェクト・リポート


パーフェクト・リポート

「松雪泰子」


パーフェクト・リポート

「相武紗季」


パーフェクト・リポート

「小出恵介」


パーフェクト・リポート

「小日向文世」


パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート


なんか、よく判らないんだけど いつの間に遊軍の連中はヤル気を見せるようになったの?


ま、最終回を見終えたら ちゃんと一気見して確かめようと思ってるけどね




●ドラマ「パーフェクト・リポート」 第9話を見た。




パーフェクト・リポート


パーフェクト・リポート

「松雪泰子」


パーフェクト・リポート

「相武紗季」


パーフェクト・リポート

「小出恵介」


パーフェクト・リポート

「小日向文世」


パーフェクト・リポートパーフェクト・リポート


「村川絵梨」(ゲスト)


感想は最終回を見終えた後にまとめて記す。




●ドラマ「パーフェクト・リポート」 最終話を見た。




パーフェクト・リポート


パーフェクト・リポート

「松雪泰子」


パーフェクト・リポート

「相武紗季」


パーフェクト・リポート

「小出恵介」


パーフェクト・リポート

「小日向文世」


パーフェクト・リポート

「村川絵梨」(ゲスト)




さて、最終話を見終えたので 少し真面目に感想を述べようと思うのだが…


時々、忘れた頃にTV局の内輪 特に報道が舞台のドラマが制作されるのだが、不思議な物で その手のドラマの殆どが最終回間際になると主人公であり、リーダー役の人物が責任を追及され 最終回にはその問題がウソのように解決し、めでたしめでたし…で終わる。


特にフジ系の場合「美女と野獣」や「トップキャスター」なんてドラマは まさにそんな展開だったわな


まぁ、たしかに その時々の社会事件などをネタに盛り込めて、ともすればTV局の報道マンはこんな苦労や努力をしているんですよ…みたいな事を間接的に宣伝できるなんてメリットはあるのかもしれないなんて勘繰りすら覚える。


それと…


「松雪泰子」「小出恵介」「相武紗季」「小日向文世」… 個人的にはとても美味しいキャスティングなんだけど まったく、満ち足りた気持ちになれないのはどうしてなんだろう?


たぶん、それはそれぞれの新しい魅力が何一つ発見できなかったからに他ならない。


パーフェクト・リポート


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『相武紗季』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。