« 2010年撮り溜めた写真の中から 海上保安庁 | TOPページへ | 2011年放送の連続ドラマ一覧 »

2010年12月21日

● 秘密


1999年に公開された映画「秘密」をさっきTV放送で見た。




秘密


先日までテレ朝系で放送されていた連続ドラマが終わったこのタイミングにTBS系が映画版を放送するのは「便乗」なのか「嫌味」なのか定かでは無いが 個人的にはちょうど見たかったところだったので好都合ではあった。


主な個人的「お気に入り」俳優は


秘密

バスの運転主役「大杉漣」


秘密

娘の担任教師「石田ゆり子」


秘密

被害者遺族の一人「國村隼」


それと気づいておられない方の為に…


秘密

大学の講師役で原作者の「東野圭吾」が一瞬だが登場していた。




さて…


単純な比較論をする気は全くないが やっぱりTV版より映画版の方がクォリティがはるかに上だと感じた。


その理由は色々あるのだが、今回特に強く感じたのは 大抵の場合、小説を原作に映画化すると尺の制限で「端折ってる」出来になりやすく それが大きな欠点としてつまらないものになる。


しかしながら、この「秘密」の映画版の場合 そういう違和感はそんなに大きくなく、むしろ尺の長いTV版の方が中だるみや 肉付けしすぎてコッテリ感だけが増してしまった感が強い。


ただね…


秘密秘密


本来なら盛り上がって貰い泣きするはずのシーンで 広末から岸本加世子に画が変わったのは 不意を突かれすぎてコーラを吹いた。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『2000年以前公開』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。