« 八月の二重奏 | TOPページへ | 2010年最後の最近のCM »

2010年12月30日

● 半分の月がのぼる空


2010年公開の映画「半分の月がのぼる空」のDVDを観た。




半分の月がのぼる空


いやぁ… ヤラレた。


2010年の最後の最後に 思いっきり泣かしてもらった。


ストーリーは冷静に考えればベタなんだろうと思うけど どうでもいい。


演出・構成と


半分の月がのぼる空


大泉洋の演技にブッ飛ばされた。


この映画は良いとお薦めしたいのでネタバレは述べないが ひとつだけアドバイスを記しておくと 冒頭から中盤まではともすればベタ話で目新しさを感じず、学校祭のシーンでは そこで見続けるのを止めようかとすら正直思った。


でもね、開始から1時間25分27秒以降から 私はエンディングまで一気に持って行かれた事を明記しておく。


騙されたと思って そこまでどうか見続けて欲しい。


半分の月がのぼる空

「忽那汐里」に関しては 出来損ないのポッキー・ガールだという認識だったが この映画で今後の見方は変わると思う。


半分の月がのぼる空

「池松壮亮」は目立たないんだけど 忘れた頃に良い仕事をするから侮れない。


半分の月がのぼる空

この映画では「濱田マリ」が実はいぶし銀的演技を発揮していた。


そして…


半分の月がのぼる空


上の画の背中姿の少女(大泉洋の娘役)が もし「芦田愛菜」だったのだとしたら、『Mother』というドラマで松雪泰子の娘?役を好演したと多くの人達は言ったけど、正直言って、なぜか私は「Mother」での彼女の演技は好きになれず、むしろ嫌悪すら感じたのだが、上の画のシーンの台詞は 私にトドメを刺すだけの破壊力があった事を素直に認めたいと思う。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『大泉 洋』関連の記事

コメント

こんばんは。

先月30日に本作をレンタルしてきて、たったいま視聴しました。
すでに2回連続でまわしましたが、明後日の返却までに、もう一度視聴し直そうかと考えています。

名作のご紹介、どうもありがとうございます。

今年もよろしくおねがいします。

★ K136 さん

こちらこそ今年も宜しくお願いします。


初めてコメントします。
今年もよろしくお願いいたします。
セクロボの検索でたどり着いて以来、楽しませていただいております。
この映画、予告編を見てどうしても見たくなり、DVDをレンタルして観たのですが、思わずDVDを購入したくなりました。
まず、忽那汐里の笑顔がとても良く、笑顔で泣けてしまいます。この娘、7万人探偵ニトベ(田中幸太朗も出ていました。)以来、久しぶりに観たのですが、こんな演技ができる様になったんだと感動しました。また、池松壮亮ですが、Q10のときは、演技があまり上手くないと思ったのですが、この映画でははとても良い仕事をしていますね。
ところで、池松壮亮が川沿いを自転車で走るシーンでは、あるドラマを思い出してしまいましたが気のせいでしょうか?

★ TON117 さん

こちらこそはじめまして コメントありがとうございます。

>7万人探偵ニトベ

すいません、テレ朝のBSはノーマークなので存在すら知りませんでした。

>あるドラマ

なんか、この映画を見た人の多くが いろんな場面からおそらくはその「あるドラマ」を思い出したようですね

正直言って私は その「あるドラマ」を思い出さなかったクチなので なんとも申し上げようがありません。


こんばんは。

だいぶ前にDVDは大泉洋が出ているということで、手に入れていたのですが、ほったらかしにしてて、時間があったのでこないだみたのですが、なかなかよい作品でしたね^^

ブタネコさんのおっしゃるとおり最初のほうのシーンはベタだったんで、どちらかといえばながら見みたいに見てたんですが、大泉と忽那がすれ違ったシーン以降は引き込まれてしまいましたね。違う時間軸を同時に流していたのに、そうきたかと思いましたね。

自分の中であまり期待せずに見てたときに、いい作品に出合えた時のうれしさを感じると、やっぱり映画はやめられないとつくづく思いますね。

どんな映画か、調べたり原作見たりとかしないほうなんですが、ブタネコさんのブログはチェックさしてもらってるので、ここでまた面白い映画を見つけていきたいと思っています。

ブタネコさん、おはようございます。
僕も、本作は、劇場公開時、映画館で、観ました。
ありがちな青春映画と思いきや・・・。
まさかの大ドンデン返しに度肝を抜かれました。
後半からの予想外のストーリー展開に、グイグイと、引き込まれました。
あの大ドンデン返しは、原作には、ないそうですね。
本当に、ヤラレったって感じがしました。
キャストの演技も、秀逸でしたね。
特に、濱田マリさんの名脇役ぶりは、ナイスでした。
近年、僕が観た邦画の中では、かなり上位です。
それ位に、良い作品でした。
これからも、どんどん掘り出し物的な良い映画を紹介して頂けると、幸いに思います。
それでは、失礼致します。

★ DEF0714 さん

恐縮です

私の趣味や嗜好は偏っていると兎角評判らしいのでお気を付け下さい。^^;

後で聞いた話ですが この作品には映画より先に原作小説とアニメがあり それらから入ったファン達の
映画に対する感想は否の方が強いらしいです

私は映画を見て その後、アニメを見、原作は未読ですが 少なくとも映画から見たせいかアニメより
映画の方が良いと思っております。


★ ひろPOP さん

この手の構成は往々にして前半部でどんでん返しが透けて見えて それがゆえに駄作と終わるケース
が多く、特に原作があるものでそれを先に読んでしまっていると「なんだかなぁ」感も増す傾向にありま
すよね

悪く言えば、前半部のベタさ加減が幸いして どんでん返しまで想像するほど惹き込まれ無かったから
功を奏したというひねくれた見解もアリかなと思ったりもしますが、私はこの映画の初見時に

「わ、そうきたか…」

とヤラレたのが事実だから 素直にそう感想を記しました。

そして、こういう映画に出会える事を いつもDVDを開封する時に期待しています。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。