« 居酒屋兆治 | TOPページへ | 半分の月がのぼる空 »

2010年12月30日

● 八月の二重奏


日本赤十字の献血推進広報映画「八月の二重奏」のDVDをとある筋から貰ったので観た。




八月の二重奏


八月の二重奏八月の二重奏

八月の二重奏八月の二重奏

八月の二重奏八月の二重奏

八月の二重奏八月の二重奏

八月の二重奏八月の二重奏

八月の二重奏八月の二重奏


八月の二重奏


どこからこのDVDを私が入手したかについては とりあえず、伏せておこうと思う。


ある人物が


「ブタネコさん 南沢奈央、好きでしたよね」


と、持ってきた。


たしかに「南沢奈央」のPVとしては上質である。


でもね、これは日本赤十字の献血推進広報映画なのである。


内容も、とても純粋に かつ、真面目に鑑賞すべき映画である。


「南沢奈央」が好きだから… なんて理由だけで見ちゃイケナイ映画なんだな。


なので、持ってきた人物を私は正座させて説教し


「反省の証に 献血に行け」


と、命じた。


ちなみに、この映画のDVDは大手のレンタル店で無料レンタルとして扱われているそうだ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『南沢奈央』関連の記事

コメント

ブタネコ様、はじめまして。初めてコメントいたします。Mollyと申します。

本作品、本日観ました。作品内容ならびにキャスト(南沢奈央、池田愛、石橋蓮司など)の演技が素晴らしかったです。特に、南沢さんが妹(池田愛)が秘密にしていた事実を知らされたときの「えっ、だって、あのときは」と言った時の演技には目を見張るものがありました。

日本赤十字社が製作していながら、それを意識させないつくりにもうならされました。昨今のスポンサーの意向に振り回された作りの邦画ばかり見させられてうんざりしていたので、「なんだ、こういった作品もあるのだ」と印象づけられました。

本作品は献血センターで無料貸し出しされています。借りる際に、「どれだけの期間借りられますか?」と尋ねたら、「1か月でも2カ月でも。次に献血に来るときでいいから」と言われ残念に思いました。貸し出しの需要がほとんどないようです。

できるだけたくさんの人に鑑賞してほしい作品です。45分の作品なのだから、NHKで放映してくれればいいのに、などと思ってしまいました。

北海道はさぞや寒かろうと思います。健康に留意され、楽しくご家族とすごされるよう願っています。

★ Molly さん

こちらこそはじめまして コメントありがとうございます。

>できるだけたくさんの人に鑑賞してほしい作品です

そうですね 同感です。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。