« 2010教導隊 in 千歳(その5)♪ | TOPページへ | 祝女 Season2_6 »

2010年11月05日

● うん、何?


2008年に公開された映画「うん、何?」のDVDを入手したので観た。




うん、何?


うん、何?うん、何?

うん、何?うん、何?

うん、何?うん、何?


久しぶりに映画らしい、良い映画を観た思いがした。


私は島根県という土地を観光以外で行った事が無く、土地勘も殆ど無いが 舞台背景の光景にはなんか懐かしさを覚える。


ストーリーに凸凹は無いが なんかこれまた懐かしさを覚える。


特に、


うん、何?


「柳沢なな」がすこぶる良い。


うん、何?


特に上のシーンが絶品で私のツボを突き抜いた。


で、いろいろと調べてみたら この「柳沢なな」はドラマ「H2」で「佐藤めぐみ」とペアだった子なんだな


それと、この映画「うん、何?」は「島根三部作」と呼ばれているシリーズの2作目で3作目が たまたま現在、DVDを入手しているが未開封のままにしている「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」だそうだ


なので、1作目の「白い船」を急遽手配した。


この映画ではほとんど泣けるシーンは無い。


けれども、鑑賞後の余韻は とても良かった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『青春映画』関連の記事

コメント

以前某局で放映された 「いそうろう!~瀬戸内海・坊勢島(ぼうぜじま)」 という
番組で素の彼女を知りました。
あまり作品に恵まれていないのか、最近はHPも閉鎖状態でちょっと心配しております。

「白い船」も、余韻のよい作品だと思います。

★ sonden さん

ほぅ、そうなんですか…


はじめまして、このサイトは以前から読ませていただいてます。

ブタネコさんが「うん、何?」をどう評価するの楽しみにしていました。
ブタネコさんの感想が嬉しいです。

なんか・・・いい映画を観たな。
つくりの良い映画に出会ったなといった感じです。

ところで「TWO LOVE~二つの愛の物語~」という映画をブタネコさんは見られましたか?
その中の、『君と歩いた道』とう作品のヒロイン(柳生みゆ)が印象的でした。
お暇な時ブタネコさんも観られるといいですよ。

★ idyll さん

こちらこそはじめまして コメントありがとうございます。

個人的「お気に入り」が出演しているわけでも無いのに なんでこの「うん、何?」を取り寄せたのか実は私もよく判りません。

でも、偶然とは言え この映画は見て良かった… そう痛感しています。

このクソブログの他の映画評記事を御覧になればお解り頂けると思いますが、私は上から目線調で 見た映画の8割近くは貶しております。

けれども、時々 この「うん、何?」の様に一般的認知度は低めでも中身は上質という映画に出会う事が楽しみで邦画を見続けております。

この映画を見た人には私とは違った感想や評価の人もおられると思いますが、記事でも記しました様に 私は間違いなくツボを突かれた一本です。

>「TWO LOVE~二つの愛の物語~」

ええ、見ました 感想記事は

http://buta-neko.net/blog/archives/2007/05/post_1197.html

です。

いつも仲良くさせていただいているブロガーの虎馬さんから教わり見ました。

遅ればせながら、観させていただきました。

柳沢なな、ほんと、すこぶる良かったですねー。

確か「エコエコアザラク」にも出てましたよね、この娘。


ちょっと主役の子がね、最初素人を大抜擢でもしたのかと思いましたよ、そしたら橋爪功の息子だそうで。

うーん、素人っぽさを狙ったのかもしれないけど素人そのものだったような・・・

別に有名イケメン俳優じゃなくて良いけどもうちょっと演技的に何とかならなかったか、と。(それが逆に良い作用をした例もありますけどね)

まあ、あと「すべての親と子にささげる」とか「この土地の人の心にヤマタノオロチは生きている」とか、そんな何か肩肘張ったとこはいらないかなー

・・・っていうのは、まあ、あったけど、そんなこんなも柳沢ななと風景が全部持って行ってくれました。


>一般的認知度は低めでも中身は上質

有名俳優が出ていないからこそこの映画の様な内容のものは成功するのかもしれないですけどね。

でも柳沢ななも現在は所属事務所もどこだか分からないような状態で残念。

そうかと思うと「そんなに堂々と女優って名乗って良いの?」っていうような奴がバンバン番宣に出ていたり・・

★ うごるあ さん

主人公のはずなんですけどね 少年はどうでもいいと思いました

>んなこんなも柳沢ななと風景が全部持って行ってくれました。

まさに同感です

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。