« 朝靄(10月17日) | TOPページへ | コレアリ(10月19日放送分) »

2010年10月20日

● 白蝋の死美人


2004年に放送された古谷一行が金田一耕助を演じた名探偵・金田一耕助シリーズ30作「白蝋の死美人」が先日再放送されたので見た。




白蝋の死美人


白蝋の死美人

映画の「石坂浩二」に対してTVドラマの「古谷一行」もなかなか悪くないと思っている。


ただ、金田一耕助じたいがどんなに悪くなくても ドラマのティストが良いか悪いかは話は別。


30年以上前の初期の出来は良いモノが少なくないが 悲しいかな、後になるにつれて2時間サスペンス物より時に始末が悪い。


その根本的理由は後半以降の作品の原作は短編物が殆どで この「白蝋の死美人」も短編の「蝋美人」と「雌蛭」の合作オリジナルみたいな構成なんだな。


ファンを自称し横溝正史先生を敬愛する私ではあるが、率直に言って横溝文学の傑作の殆どは長編であり、短編に秀逸なものは実はそんなに多くない。


でもね、例えば「病院坂の首縊りの家」や「迷路荘の惨劇」などは 最初は短編で発表されたものでありながら 後に大幅に加筆されて長編となり傑作に化したケースが横溝作品には少なくないから ファンとしては短編も大事にしたい作品群なのだ。


が、この名探偵・金田一耕助シリーズの脚本家達は 思うに、横溝正史の短編を単にネタ元扱い程度に「おどろおどろしくしとけばいいでしょ?」的な上塗り脚本にしかしていないから面白くなるはずが無い。


が、まぁ、そんな事はどうでもいいや


白蝋の死美人白蝋の死美人

白蝋の死美人白蝋の死美人

白蝋の死美人白蝋の死美人


白蝋の死美人

「尾美としのり」の警官役もさることながら


白蝋の死美人

日和警部「ハナ肇」亡き後、河合警部として跡を継いだ「谷啓」の姿に涙が出そうになった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『古谷一行:TV』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。