« ハンマーセッション 最終話 | TOPページへ | 田中圭 in ドラクロワ♪ »

2010年09月19日

● 美丘 最終話


ドラマ「美丘」の録画を第1話から最終話まで見た。




美丘


先日、たまたまドラマ好きのある人と今期の新ドラマの話になり この「美丘」の話になった時


「それってセカチューの焼き直しみたいなドラマらしいじゃん」


と、その人が言うまで 私はこの「美丘」に関して「石田衣良」が原作という事以外の先入観とか情報を持っていなかった。


で、実際に第1話を見て たしかに、セカチューの匂いが感じられないと言えば嘘になる…とは思った。


美丘


「吉高由里子」が主演というのは 個人的にお気に入りだから楽しみではあるのだが…


美丘


第1話冒頭のオニィチャンのモノローグを聞くと 主人公のオネェチャンは最終回までに死ぬんだな…


という事は どこまで主人公のオネェチャンの生き様に感情移入出来るかが鍵なわけで、第1話を見た限り 他のキャスティングに目を惹かれる人物が無く、ドラマの中に「持って行かれる」という感覚も全く無く 淡々と映像を眺めるだけで残念ながら泣ける要素を感じなかった。


そして、第1話を見終え 第2話の予告編も見終えた直後に


美丘


CMまがいの番宣で こんな映像を見せられては


「ハイハイ、撤収、撤収…っと」


って感じで 風呂に入った私だった。


-------------------------------------------------------------------------------




…というのが「美丘」の第1話を見た私の感想。


さて、最終回を迎え 暇潰しに「ながら見」ではあるが1話から最終話まで通して見たので その感想を少しだけ記しておきたいと思う。


まず、難病モノという事で どういうストーリー展開なのかが気になっていたのだが、率直に言って


TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」+TV版「1リットルの涙」+TV版「タイヨウのうた」を3で割り損なった出来だという他無い。


女の子が難病で、それを知ってもその女の子を愛す彼氏が現れ、献身的に尽くすが彼女は亡くなってしまう…


言っちゃぁ悪いが、既にそういったドラマがこの数年の間に上述の3作以外にも作られているのに それでも作ろうとする意義って何なのか? このドラマの制作者達は猛省すべきだ。


たとえば、「家族」、「友達」、「彼氏」 どれか一つでも上述の3作のどれかを凌ぐなり、別な視点での描き方なりで意義深さがあれば まだ情状酌量の余地はある。


けれども、女の子の台詞の多くは 不思議なくらい上述3作にあるヒロインの台詞と重なる台詞が多く、にも関わらず彼氏は上述3作いずれの彼氏よりも演技力に欠け、最大の「なんだかなぁ」は 


美丘


友人達の描き方が 演出も台詞も演技も全てが学芸会以下の御粗末さだった事。


美丘


「美丘のぶんも生きよう」


…なんてシーンがあったが、おまえらそれ言えるほど仲良かったのか?と 問い詰めたく腹立たしさばかりがつのった。


でね、たしかにどうでも良い事ではあるのだが この「美丘」の原作が「石田衣良」だと知ったので まさか「石田衣良」の原作がこのクソドラマの通りなのか?と気になって たまた原作が身近にあったので読んでみたのだが…


全く違う…とは言わないが 結局、学芸会以下のレベルの「家族」、「友達」、「彼氏」は TVドラマ化における付け足し部分ばかりなんだな。


で、ネタバレはしたくないのでボカしておくが ラストの「彼氏」は全然違うじゃん


「約束」はどこにいったんだ? と。


かつて、クソ原作に「家族」や「友達」という部分で秀逸な肉付けをして 私にとっては「神ドラマ」に仕上がった作品がある。


それと同じ真似をしろといっても まぁ、無理だろうから、そこまでは要求しないが…


それを捩るように描いてクソドラマ…ってのは ただのクソドラマ以上に腹立たしさはこの上無いものなんだ…って事だけ判ったのが この「美丘」だな。


美丘美丘


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『吉高由里子』関連の記事

コメント

このドラマをとびとびに見て思ったのは日テレって金余ってんのかな?
それがこのドラマの感想ですね^^;

やっぱりドラマはドラマと言うだけあって主役以外の人物にどれだけ
それぞれの背景が感じられるか、これがないとただの出来事の羅列にすぎないですね。

あとナレーションって大事なんだなと思いました、言葉だけでも
演技になる事ってあると思うので。

これでせめて吉高由里子の演じるキャラが今までと違うんならまだしも、なんですが、今までと何ら変わらない「いきなり街中で大声を出しそうな、突拍子もないことをする娘」キャラなのが残念でなりません。

ドラマははなから期待してなかったし彼女が出てなければ見向きもしてなかったけど、まさかこんなに予想をはるかに下回る出来とは・・・

制作者はこんな真似ごと作っててよく恥ずかしくないな、と思います。
原作はどうだか知らないけど、もし原作にセカチューに似た部分があれば「これ、セカチューに似てるから止めませんか?違う事で勝負しましょうよ」ってなってもおかしくないと思うんですけどね。

★ けんしろう さん

せめて、ナレーションの内容に説得力が備わる描き方をしてくれれば まだマシだったんですけどね


★ うごるあ さん

>「いきなり街中で大声を出しそうな、突拍子もないことをする娘」キャラ

そうなんですよねぇ… 結局は不思議ちゃんのままでしたからね


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。