« 古田新太 in 5LDK♪ | TOPページへ | 食堂かたつむり »

2010年09月29日

● 蒲田行進曲


1982年公開の映画「蒲田行進曲」がTVで放送されたのを録画したまま忘れていたので見た。




蒲田行進曲


以前、いくつかの記事に記した事だが 私は「つかこうへい」の初期の作品で人生観を変えられたと感じており、視点を大きく変えた解釈や設定に蒙を啓かれた思いがしたものだ。


ただ、私はあえて境界線を設けるとするならば 1980年を境にそれより以前の著作や戯曲は敬愛するが 1980年以降の作にはあまり興味を抱かない。


何がどうと細かく理由を上手く述べれないのだが、なんか80年以前と以降の「つか作品」には何かが変わっちゃった気がしてならないのと 登場人物や台詞にある種のワンパターン化を感じてしまうからだった。


だから、本としては1981年に発表されたこの「蒲田行進曲」も 当時、定期購読していた「野生時代」で掲載されたのを読み 面白いとは思いつつも「あぁ、またか」みたいな気になったものだ。


でもね、つかこうへい氏の逝去の報せを聞き また自分の中で一つの時代が終わった感がした。


世間では この「蒲田行進曲」の方がつかこうへいの代表作とする声をよく聞くが「熱海殺人事件」を知らない者の知ったかぶりであると私は言いたい。


蒲田行進曲

「風間杜夫」


蒲田行進曲

「平田満」


蒲田行進曲

「松坂慶子」


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『つかこうへい』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。