« 相武紗季 in くちこみ(9月14日放送分) | TOPページへ | 今日の夕焼けと月(9月17日) »

2010年09月17日

● ホタルノヒカリ2 最終話


ドラマ「ホタルノヒカリ2」の最終話を見た。




ホタルノヒカリ2


ホタルノヒカリ2ホタルノヒカリ2

ホタルノヒカリ2ホタルノヒカリ2


ホタルノヒカリ2


最終話を見終えたので これまで「綾瀬はるか」の出演作であるにも関わらず、感想記事を掲示してこなかった事について これまでの間にメールや非公開コメントで問い合わせを下さった方々へのレスの意も含めて私見を少々記しておこうと思う。


「木村多江」と「綾瀬はるか」の共演は たしかに私にとって嬉しい事ではあり、たしかに前作のドラマはいろんな意味で感慨深くもあったが、率直に言って 私にはこのドラマのどこが面白いのか判らなかった。


非公開コメントを下さった方々の多くは「はるかちゃんカワイイですよねぇ」と殆どの人が記してくるが「カワイイ」のと「ドラマが面白い」のとは意味が違う。


私は「面白いドラマ」が見たいのであって「可愛い子が出演していれば面白い」と感じるタイプでは無い。


「面白いドラマ」で「お気に入りの役者」が良い演技をみせてくれる事を期待しているのであって、「お気に入りの役者」が出演してるだけで「面白いドラマ」だと感じるタイプでは無い。


ゆえに、「はるかちゃんカワイイですよねぇ」とコメントされても応えようが無い。


強いて言えば、「カワイイよねぇ」と言い合いたいのであれば彼女のファンサイトやファンブログに行ってそこでやってくれればいいわけで、それに私は同調して参加する気は全く無い。


きっと、この「ホタルノヒカリ2」で「綾瀬はるか」は一生懸命に演技したつもりなんだろうとは思う。


そんな彼女の演技に私はケチをつける気は毛頭無い。


ただ、言いたい事、感じた事は 一度好評を博した映画やドラマが「パート2」を作りたくなるのは判らなくもないが、その殆どが営業的な目的で行われ ドラマそのものの良さを継承して…という純粋さが欠けている場合が多く、その結果 出来が良かったケースは多くない。


私はこの「ホタルノヒカリ2」は その典型的駄目制作に感じられてならず、出演している「綾瀬はるか」は 痛々しく感じてならなかった。


まぁ、彼女も25歳なのでこれからは「人妻」や「妊婦」や「キャリアウーマン」みたいな役柄を演じるケースが出てくると思うけど、この「ホタルノヒカリ2」がそれらの肥やしになるとは思えなかったのが一番残念に感じている。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ホタルノヒカリ』関連の記事

コメント

>一度好評を博した映画やドラマが「パート2」を作りたくなるのは判らなくもないが、その殆どが営業的な目的で行われ ドラマそのものの良さを継承して…という純粋さが欠けている場合が多く、その結果 出来が良かったケースは多くない

一度目が悲しくなるほど駄作の「JIN」に至っては、頼むから止めて欲しい、本来ならこんなことが制作の妨げになるのは良くないんだけれど、大沢たかおと熱愛報道があったから、なんて理由でも良いから制作中止になんないかな、と切に願う私はおかしいでしょうか。

★ うごるあ さん

プライベートな話はさておき、最初から完結する気のないドラマ作りは勘弁して欲しいですね

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。