« Perfume in Mラバ2♪ | TOPページへ | 空から日本を見てみよう 道南編 »

2010年08月09日

● 2010千歳基地航空祭(その2)


今年の航空祭を眺めていて F-15の機動飛行展示が中止になった事と、米軍のF-16の機動飛行展示を見た事で 少し、私の思いや考えが変わった。




が、まぁ総論的な事は 後日、まとめて記すとして…


今回はF-16の機動飛行の写真を貼ってみようと思う。




飛行機写真に限らず、最近 急激に増えつつある撮影マニア達ではあるが 


「カメラを濡らしちゃ大変だ」


「写真は青空の下、順光で撮るべきもの」


…って人が圧倒的で 昨日(日曜)の千歳の様に一昨日(土曜)から「千歳は雨」という天気予報が圧倒的だった事もあって 航空祭に出かけて来た人は昨年の半分(下手すれば1/3)だったんじゃなかろうか


しかも、何故か最近撮影にハマった人達は 自分で撮影場所を探したり、背景や構図とかを研究しようとせず、HPやブログで見た写真の場所に行けば それなりにカッコイイ写真が撮れる…なんて思い込んでいる様な まさに「オマエはマニュアルが無いと何も出来ないのか?」的人間が多すぎる。


曇りならば曇りなりの面白い写真…ってのがあるし、逆光でも「おぉ!」って写真はいくらでもあるし、雨混じりや湿度の高い日じゃ無いと撮れない写真もある。


「オタク」と簡単に馬鹿にするのもいいけれど、オタクなりに日夜 色々と研究したり、試したりして楽しんでいるわけで その結果、


何日も思い悩んで 例えば、


「この天気なら この場所でF-16の捻りを狙おう…」


なんて位置取っている直ぐ横に、F-16が飛び始めた途端に写界を防ぐ様に前に飛び込んでこられたら 俺はそいつを平気で蹴るよ。


が、そんな話はどうでも良い。




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の写真①~③は 昨日行われた航空祭本番でのF-16の機動飛行展示を撮った写真の中からピックアップしたモノ


バックの空を見れば一目瞭然だが 雲が低く、低高度での旋回演目ばかりだったわけだが…


昨年までの私だったら 上の3枚みたいなのを撮れれば、自分なりに「あぁ、楽しかった」とそれなりの満足をしていた。


地元のF-15が機動飛行展示を中止した直後に 外来の米軍機が飛んでくれただけでも深く感謝もしただろう。


でもね、昨日のF-16のパイロットに対しては簡単に「感謝」なんて言葉では言い表せないぐらいにありがたかったと思っている。





画像をクリックして大きな画像で見てね。^^



画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^




昨日のF-16の機動は 土砂降り覚悟、高湿度による熱中症覚悟でこそ見せて貰えた姿だったと思っている。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『基地・駐屯地祭』関連の記事

コメント

三沢のパシフィックですねー
パイロットチェインジしてからローパスで開けるので、
苦情殺到により、呼ばれなくなっちゃいました。
また、代わったのかなぁ~?

米パイは厳しい状況でも頑張ってくれますね。
浜松バースもそうでした。

カメヲタは昔から、紹介されたポイントで同じような構図で撮って喜んでますよー
摩訶不思議と言うか理解できません・・・
誰かが入賞した写真をパクっても、ツ・マ・ラ・ナ・イと思うのですが・・・?

ホワイトバックのベイパーは、
階調性の高そうなフルサイズが欲しくなります(笑

★ seen さん

>三沢のパシフィックですねー

です。

>パイロットチェインジしてからローパスで開けるので、
>苦情殺到により、呼ばれなくなっちゃいました。

たしか、資格保持者が数人いて交代でやってたんじゃないですか?

資格保持者は少ないみたいです。
パイロット都合によるキャンセルが2~3回ありましたから。

2005か6の静浜が最後だったなぁ~サイレントファルコン・・・
もう、記憶があやふやです。
めちゃっ早!で、ダイナミックな展示だったことだけ、
強烈に記憶してます。

その後、百里で見た時はヤカマシクなっちゃって、
以後、音沙汰なしです(悲・・・

何時も拝見してます。
撮影機材がデジタルに変わってからは「辺りを気にする人」が減りましたね。
愛知から参加しましたが、概ね楽しい千歳でした。

★ seen さん

正式に確認がとれていないんですけど 今回のF-16の機動はここ数回千歳で見た中では 一番スピードがあった様に思えますが、そのせいかどうかは判りませんが展示飛行の直前、もしくは最中に機体の何処か(おそらくエンジン)が故障したんじゃないかと思われます。

例えば、離陸直前に 車で言う所のバックファイアーの様に「パン」と大きい破裂音がした…とか、飛行時間が予行に比べて5分以上短かった…とか、航空祭終了後 整備員らしき数人が 機動に上がった機体にだけ群がって機体のいろんなカバーを開けて点検しまくっていた…とか、1機だけ翌々日まで帰投せずに千歳に残っていた…等々


★ ハル さん

>「辺りを気にする人」が減りましたね。

ですね そう思います。

>「パン」と大きい破裂音

インテーク内でのショックホーンじゃないでしょうか?
流入空気を音速から亜音速へ落とす時、
高湿度だと稀に起こると聞き覚えがあるのですが・・・
エンジントラブルなら直ちに中止すると思うのですけど。

★ seen さん

どうなんでしょうね

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。