« 最近、民間側で撮影した機体(3) | TOPページへ | 最近のCM(7月25日) »

2010年07月25日

● 東京ラブストーリー


このところ北海道地区では1991年に放送されたドラマ「東京ラブストーリー」を再放送している。




東京ラブストーリー


東京ラブストーリー

「織田裕二」をはじめとして…


東京ラブストーリー東京ラブストーリー

東京ラブストーリー東京ラブストーリー


あらためてみると出演者が若い。


考えてみればほぼ20年前のドラマなんだよね これ。


当時、私の周囲ではこのドラマが大人気だったんだけど 正直言って私はこのドラマが好きじゃなかった。


それは内容がどうこうとか、役者がどうこうといった理由で嫌いなのではなく 原作者でもある「柴門ふみ」の漫画 特に彼女の漫画には必ず出てくるヒロインとか主人公が振り回される女の子の自分勝手さが腹立たしくて嫌いだったのだ。


女の子は 少しぐらいワガママな子の方がカワイイとは思うが、柴門ふみが描く「わがまま」は私の許容範囲をはるかに超えている、もしくは逸脱しているんだな。


ところが、このドラマが評判だった頃 これを見ていた年頃のお嬢さん達の中にはドラマに影響されたのか…


東京ラブストーリー東京ラブストーリー

東京ラブストーリー東京ラブストーリー

東京ラブストーリー東京ラブストーリー


「鈴木保奈美」は嫌いじゃなかったので結婚を期に引っ込んだのは残念ではあったが、その潔さには感心もしていたんだけど 来年の大河ドラマで復帰だそうで、なんか複雑な気分でもある。


それと…

東京ラブストーリー


何気に見つけた上のシーン「織田裕二」の左の男は「阪田マサノブ」なんだな。


つい、気づいた瞬間 個人的には「あぁ、ここでも共演していたのか」と感慨深かった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『織田裕二』関連の記事

コメント

あ、これ僕も見てます。毎日録画して。
2話ずつ放送してるのを最初は知らなくて、「話がつながらないなぁ・・・」なんて思ってました。

若き日の鈴木保奈美、かわいいですね。
江口は「ひとつ屋根の下」のインパクトが異常に強かったんですが、それ以前はこんな役ばっかりでしたよね。

どもども。
「波の数だけ抱きしめて」ですよねぇ。
ボクも、あとで分かりました。

★ yah さん

>こんな役ばっかりでしたよね。

ですね(笑)


★ TomokunMac さん

「波の数だけ抱きしめて」の阪田マサノブが演じた男が私は大好きでして それで妙に印象強く記憶に焼き付いているんですよ


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。