« 美丘 第1話 | TOPページへ | 2011年大河ドラマ『江』 主要キャスト発表 »

2010年07月11日

● 龍馬伝 第28回


「大森南朋」の演技に感動し、「佐藤健」の演技にぶったまげた回だった。




龍馬伝龍馬伝


今回で第2部が終了という境目の回にあたるそうだが…


あくまでも個人感で申し上げるのだが、福山雅治の坂本龍馬はけっして悪くはないと思いつつ 私が思い描いてきた龍馬像では無いという感じが回を増す毎に大きくなり、それは演技がどうこうという意味ではなく ドラマ内での人物設定という部分に対してなので実に困った話である。


従って、この龍馬伝に関しては 大変、申し訳ないが歴史ドラマという点では評価は低い。


でもね、役者個々に関しては話は別だ


龍馬伝

間違い無く「役作り」をしたのであろう こけた頬の大森南朋の容貌に 只々、唸るばかり。


その上で


龍馬伝

目線の力強さは言うまでもなく


龍馬伝

龍馬伝

この切腹シーンに至っては ここ数年の間に数多のドラマで数多の役者が演じたどの切腹シーンよりも迫力と気合いが勝っている。


文字通り「鬼気迫る迫真の演技」とは これを言うんだろうなぁ…と思うと泣けた。


それと…


龍馬伝


首を打たれる寸前に見せた「ニヤリ」


岡田以蔵を演じた「佐藤健」のこの演技は秀逸すぎる 近日中に、このクソ・ブログにカテゴリーを設けて行く末を眺めたいと思った。


龍馬伝

「大泉洋」


龍馬伝

「真木よう子」


【緊急追記】


あまりにも「大森南朋」と「佐藤健」の演技が素晴らしかったので 参院選のTV番組ばかりでつまらなかった事もあり「龍馬伝 第28回」を見直していて「あ!!」と気づき固まった。


それは


龍馬伝

(画像は第27回のOPです。)


    和助----小市慢太郎


小市慢太郎が出てるじゃないか… そうだよ、先週の27話を見た時に「あれ?」って気づいておきながら記事にせずにきたのをすっかり忘れてた。


「和助って もしかして…」


そう、小市慢太郎が演じた和助とは


龍馬伝


武市半平太の牢番で、


龍馬伝

切腹に向かう半平太が最後の礼を述べた相手であり…


龍馬伝龍馬伝

武市の妻に遺品を届けた人物でもある。


そうなんだよなぁ… 手紙の終わりに涙声で頭下げた姿 これも実に効いたんだ。


小市スマン その時に気づけなくて悪かった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『龍馬伝』関連の記事

コメント

小市さんについて追記されたので、コメントを。

和助として7回出演していらっしゃいますので、見直されては。。。
と、余計な事でしょうか?!
セリフも画面上もちょっとマンでありながら、その演技にググッと引き寄せられます。

★ デニコ さん

見直したいと思いつつ 前々回以前の録画データを消しちゃったんですよ

なんで気づかなかったのかなぁ…と、反省しております。


あらすじ見ただけで、脚本が余りにも福山ありきのご都合主義なので、
見てないのですが、武市と以蔵の死が今日でしたか。
この二人が好演となると、大泉洋さんはツライなぁ~

★ seen さん

>福山ありきのご都合主義

私の違和感も それに近いのかもしれないなぁ…

>大泉洋

今までもそれなりに良い仕事をしているし 今後もきっと良い仕事をしてくれると信じてます。

現時点までの段階で 武市と以蔵はずば抜けて良すぎたんですよ


大河ドラマは1年も続くから、いつも見てません。
が、写真からだけでも鬼気迫る演技というものは伝わってきますね。
佐藤健もただの仮面ライダーに終わらず、本格的役者になってきましたね。

★ yah さん

ええ、久しぶりに良い演技を観ました。


大河ドラマは見てないのですが、大森南朋さんと佐藤健さんのキャプを見るだけで、すごさを感じます。
特に、佐藤健さんのキャプが凄いです。
この画を見ただけで泣けますね。

佐藤健さんは「仮面ライダー電王」も良かったですよ。
表情の演技がうまいです。
最近、ドラマが面白くないので、平成仮面ライダーのシリーズを何点か見たのですが、結構面白かったです。

これからも、活躍してくれそうな俳優さんですね。

★ sei さん

佐藤健にはビックリしました。 良かったです。


大森南朋さんの演技は凄すぎましたね。まばたきも出来ないくらい惹きつけられました。

佐藤健は「龍馬伝」への出演によって、単なるイケメンタレントから「役者」へと変わっていきそうな気がします。
今回だけでなく、弥太郎が毒まんじゅうを持ってきた回の演技も凄かったです。

龍馬は確かに既存の龍馬像とは違いますが、第3部以降はいわゆる「坂本龍馬」に近づいていくのではないかと思います。

★ npk さん

>第3部以降はいわゆる「坂本龍馬」に近づいていくのではないかと思います。

誰が龍馬を殺したのかと描くのかにのみ興味があるだけですね私は

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。