« 鉄の骨 | TOPページへ | 龍馬伝 第28回 »

2010年07月11日

● 美丘 第1話


新ドラマ「美丘」の第1話を見た。




美丘


先日、たまたまドラマ好きのある人と今期の新ドラマの話になり この「美丘」の話になった時


「それってセカチューの焼き直しみたいなドラマらしいじゃん」


と、その人が言うまで 私はこの「美丘」に関して「石田衣良」が原作という事以外の先入観とか情報を持っていなかった。


で、実際に第1話を見て たしかに、セカチューの匂いが感じられないと言えば嘘になる…とは思った。


美丘


「吉高由里子」が主演というのは 個人的にお気に入りだから楽しみではあるのだが…


美丘


第1話冒頭のオニィチャンのモノローグを聞くと 主人公のオネェチャンは最終回までに死ぬんだな…


という事は どこまで主人公のオネェチャンの生き様に感情移入出来るかが鍵なわけで、第1話を見た限り 他のキャスティングに目を惹かれる人物が無く、ドラマの中に「持って行かれる」という感覚も全く無く 淡々と映像を眺めるだけで残念ながら泣ける要素を感じなかった。


そして、第1話を見終え 第2話の予告編も見終えた直後に


美丘


CMまがいの番宣で こんな映像を見せられては


「ハイハイ、撤収、撤収…っと」


って感じで 風呂に入った私だった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『吉高由里子』関連の記事

コメント

吉高由里子が患者で谷原章介が医者というシチュエイションは、「ラブ・シャッフル」を思い出しました。

★ yah さん

あぁ、なんかそのタイトル聞いた事があるような…

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。