« ヤマセミ(2) | TOPページへ | 笑う警官 »

2010年06月05日

● ゼロの焦点


映画「ゼロの焦点」のDVDを入手したので見た。




ゼロの焦点


番宣によるとミステリーの大作で、日本アカデミー賞でいくつも賞を取り パッと見には傑作とか名作のつもりらしいのだが…


そういった「ハク付け」と中身のギャップの大きさは 近年稀に見るほどだと感じた。


この手のミステリーとは 殺人が起こり、誰が犯人で、動機は何?って事が根本的な大原則


しかしながら、いつのまにか犯人が判り、いつのまにか動機も判り、いつのまにかエンドロール…


こんなものをミステリーと呼ぶのは無礼千万にも程がある。


まぁ、こういうと「ゼロの焦点」なんてキーワードで検索に引っ掛かってこの記事を読み、このクソブログの他の記事をロクに読みもしないで


「上から目線のクソ評価」


と、文句を言ってくるアホが少なからずいるので ひとつだけ指摘しておくと


ゼロの焦点


広末涼子が演じた女が 木村多江が演じた女の英語が「パンパンしか使わないようなスラング」なんて台詞を吐く。


それまで母子家庭ながらも世間知らずのお嬢様…みたいな演出だった広末涼子が演じている女の台詞にしては「え?」って違和感を覚えずにはいられない。


ましてや、落ち着いて全体を眺めまわしてみると、結局これが事件を紐解く鍵になってんだわ。^^;




ただね、ミステリーを度外視して この映画を違った視点で見た時、この映画は実に興味深い映画だと感じる事が出来る。


つまり、


ゼロの焦点

「広末涼子」


ゼロの焦点

「中谷美紀」


ゼロの焦点

「木村多江」


提灯ワイドショーなら間違い無く


「今をときめくアカデミー大女優」


なんて銘打っちゃう3人の「演技比べ」って視点で見れば 3者の実力の差がこれぐらい歴然と見せてくれた映画は他には無い。


「広末涼子」に対して 何故、私がときめかなかったのか?…


この映画における彼女のモノローグの稚拙さで納得した。


「中谷美紀」に対して 悪くないと思いつつも私がのめり込めなかったのは?…


彼女の演技が 時に勝手に一人で盛り上がって自己満足で終わっちゃうテンションに馴染めなかったんだな(特に、彼女の額の血管が盛り上がったら その傾向が顕著なんだ)


そして、「木村多江」に私がときめかされるのは どんな状況であっても彼女の声を聞いた瞬間に和まされるからなんだ。


ま、それらを確認出来たって事で これ以上、この映画に関して語るのはやめようと思う。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『木村多江』関連の記事

コメント

ブタネコさま 
はじめまして。。。ブログ楽しみに拝見させていただいています。
昭和60年生まれの娘をもつ母です。綾瀬はるかが大好きでかなりのヒャッホイだと自負しております。
で、こちらのブログを知りまして~他にもいろいろな女優さんたちに関する深い観察に感心しきりでおります。その影響で 木村多江にも注目していたところ 某携帯電話のCMで 木村多江を見かけ 例の白い
犬に どうしてもブタネコさまの姿がよぎってしまい 思わず初コメントとなった次第であります。
そのCM 北海道で流れていますか? もし未見であれば 是非 見て頂きたいとおもいます。
個人的にはかなりツボなので。。。
初コメにも関わらず白い犬にブタネコさまの姿を重ねたなどと、大変失礼な内容だったかもしれませんね。
すみませんでした。 これからも、よろしくお願いいたします。 

★ キャサリン さん

こちらこそはじめまして コメントありがとうございます。

>白い犬にブタネコの姿を重ねた

光栄です。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。