« ゼロの焦点 | TOPページへ | カワセミ(3) »

2010年06月06日

● 笑う警官


映画「笑う警官」のDVDを入手したので見た。




笑う警官


北海道警を舞台にしたサスペンスって事で とても楽しみにしていた一本だったのだが、見終えた感想を率直に言えば「何?このクソ映画」


笑う警官

「大森南朋」と「松雪泰子」に わざと下手な演技をさせたのか?と思いたくなるほどの稚拙な演出に呆れたが エンドロールで製作:監督:脚本の全てが角川春樹だったと知り悪い意味で「なるほど」と納得した。


それと、

笑う警官

松雪泰子と彼女の後ろにいる俳優のツーショットを見ると かつての「きらきらひかる」というドラマを思い出し、なんか役柄設定がそっちに引っ張られてしまったな。


さらに、

笑う警官

笑う警官


上のワンシーンに登場する男が「松山ケンイチ」である事に気づいていない人が多いらしいので記しておく。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『大森南朋』関連の記事

コメント

>製作:監督:脚本の全てが角川春樹だったと知り悪い意味で「なるほど」と納得した。

 彼は『天と地』でも、最高の素材を使って「素人料理」にしちゃってますね。

 HNをFORRESTからハウプマンに変更しました。

★ ハウプマン さん

お久しぶりです、お元気そうで何よりです。^^

コメント頂けてとても嬉しいです。


初日舞台挨拶を目当てに劇場に見に行ったのですが・・・
本編については記憶から消し去ってしまってますねw

★ しゅか さん

>本編については記憶から消し去ってしまってますねw

それでいいんだと思います。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。