« 僕の初恋をキミに捧ぐ | TOPページへ | 8月のクリスマス(邦画版) »

2010年05月03日

● YOUR EYES


山下達郎の曲にも 個人的に色々と想い出は多い。




【この記事は2005年1月23日に掲示した記事を リメイクして再掲示したものです】




その、想い出の殆どは 1980年代の前半に集中しているんだけど季節は圧倒的に夏だ。


「クリスマス・イブ」とい言う曲が登場して以降、クリスマスの時期に その曲を聴かない年は無い。


確かに、この曲も良い曲だし、想い出もある。


しかし、私は「山下達郎」と聞くと「YOUR EYES」という曲が 一番大好きで、忘れられない大きな想い出がある。


その頃、夏に車で走る時、運転しながら聴くために ダッシュボ-ドに入れておいた数本のカセットテ-プの中に 必ず、「山下達郎のテ-プが1本は入っており、それには 必ず、「YOUR EYES」という曲が入っていた。


私は 独りで車を長時間走らせるのが好きだ。


同乗者がいると なんとなく、気が散ったり、気を使ったりしなくてはならず、何よりも コンポから流れる曲に合わせて歌うのが気恥ずかしいからである。


よく、人前で歌うのが好きな人がいる。


カラオケが好きな人の大半は そういう人らしい…とも言う。


私は 歌うのは好きだが、人前で歌うのは あまり好きでは無い。


それに 人が歌っているのを黙って聞いているのも好きじゃない。


だから、カラオケが流行だして以降は スナックや居酒屋でも カラオケのある店は行かない。


我が儘と言われても仕方ないが、誰かに聞かせたいわけではなく、独りで歌っているのが好きなのだ。


ただ、立場上や 付き合いの関係で歌わされる場面もある。


その為には 多少、練習したり レパ-トリ-を広げておく必要もあるが、そんな時のために練習する意味でも 運転しながら歌うのは 私に一番合っているスタイルなんだと思っている。


「YOUR EYES」という曲は 曲調や音程が 私には不思議なぐらい とても歌いやすい曲で、小恥ずかしい話だが、自分に酔う様に歌えるお気に入りの曲である。


車の窓を閉め切り、独りだけの車内の中でコンポのボリュ-ムを大きくし、一心不乱に一緒に歌う。


ストレスが ス~ッと身体から抜けていくのが判る。


信号待ちで 気持ちよく歌いきり、フッと横を見ると 隣の車のオバチャンが呆気にとられたような顔しているのと目が合い、ひどく気まずくなった事も 1回や2回では無い。

でも、やめられない。




以上が、2005年1月23日に掲示した時の文章だ。


さて… あらためてこの記事を読み返していて思った事を付加しておくと…


この曲が世に登場して間もない頃、世はバブル景気の真っ盛りで 当時、SEとして日本国内を飛び回り 支社や施工先の関係者と打ち合わせと言えば、(当時としては)ちょっとオシャレな店で酒盛り…というのが当たり前。


私は酒は飲まないが、何故か酒の肴と呼ばれる料理は大好物ばかりだったし アルコールに頼らずともテンションは高かったから もっぱらコーラを飲みながらひたすら料理を食い、場を盛り上げる為にとカラオケで歌いまくっていた。^^;


が、先述した様に 私は見知らぬ他人が歌っているのを聴かされるのは大嫌いで、特にその当時 妙にいけすかない重役っぽい人物に限って「マイウェイ」を英語で しかも、小指を立ててマイクを握り熱唱するのを眺めさせられるのは苦痛以外の何物でも無かった。


ゆえに、ひそかにそんなオッサンに対抗する為にと考えた結果が この「山下達郎」の「YOUR EYES」を英語で歌い ラストで「アイルァビュゥ!」を何度も連呼しながら 見知らぬ他の席の可愛い女の子に手当たり次第に握手しまくっていた。


が、当時のカラオケには まだ「YOUR EYES」は入っておらず、いつもアカペラで歌いながら「出来る事なら、ピアノで弾き語りしてぇ」といつも思っていた。


もし、その時 私がピアノが弾けて「YOUR EYES」をピアノで弾き語り出来たなら、少なくとも今のアンジェラ・アキより自己陶酔した姿を世間に晒していた事は間違い無い。


しかしながら、私はピアノは弾けず 余程の高級クラブじゃないと見せにピアノなんか無かったから、やはりその当時 私が十八番で歌っていた「もしもピアノが弾けたなら」は その頃の私を知る人達から「もっともオマエ(ブタネコ)にハマっていて情感タップリに歌っていた曲」として 現在に語り継がれている事は 実は正直言って私の本意では無い。(ToT)








お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『80年代』関連の記事

コメント

自分は山下達郎のイメージは夏なんですよね。
BIG WAVEのサントラを高校の夏の修学旅行(北海道一周でした。遠い目)
のバスの中で聞いてたもんでw
実際好きな曲は、高気圧ガール、アトムの子供、さよなら夏の日、潮騒、甘く危険な香り、エンドレスナイト。。。
夏を思わせる歌ばっかりです(汗

因みに、おじさん(snow431)はピアノをやってました。^^小さい時に…。

そうそう、黒鍵とカーブの部分が腰に来る…。(いえいえピアノ自体になったわけでは、ありません^^;)

洒落た飲み屋でピアノがあると、大抵は調律があやふやなピアノがあって、

異邦人(当時久保田沙紀でした^^)を弾くと、逆にみんなから引かれたことを想い出します。

『おじさんが弾いちゃ駄目かよ、唄ってちゃ駄目なのかよ』

と思いながら余興をやった記憶があります。

私も唄わされました。8トラから、レーザーディスクまで^^

もちろん小指は立てませんでしたよ^^ ましてコードを丸めたりもしませんでした^^

★ やじ さん

そうですね、季節は夏ですね^^


★ snow431 さん

私も今では2曲だけピアノが弾ける様になりました。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。