« 本仮屋ユイカ もろもろ3本♪ | TOPページへ | お知らせ(5月25日) »

2010年05月24日

● 曲がれ!スプーン


映画「曲がれ!スプーン」のDVDを入手したので見た。




曲がれ!スプーン


この映画に関しては「本広克行」が監督である事と「サマータイムマシンブルース」「UDON」が私は面白かったと感じているので個人的に期待していた。


が、


曲がれ!スプーン

曲がれ!スプーン

主人公であるAD役に「長澤まさみ」が起用されたにも関わらず、映画の出来は「残念」どころか腹立たしさすら感じている。^^;


個人感を率直に言えば まず、「何故、長澤まさみをキャスティングしたのか?」という疑問を抱いた。


あらかじめお断りしておくが 私は「長澤まさみ」を気に入っている。


が、以前 別の記事でも述べたように「長澤まさみ」に対する評価は ここ数作、新たな彼女の出演作を見る度に下がっている そう、ウナギ下がり状態なんだな。^^;


率直に言って このAD役を「長澤まさみ」が演じる意味が全く感じなかった。


むしろ、若手を抜擢するのにちょうど良い作品 例えば、南沢奈央とか早織(旧名:小出早織) もしくは近野成美あたりを起用した方が新鮮味が感じられて興味深かったんじゃないのか?と。


どうも、近頃の長澤まさみには若さというか精気が感じられないんだな


役柄的に、仕事に疑問を感じていたり 幼い頃に見た超能力に対する記憶に希望を失いかけている…という面ではハマっていると考えるむきには理解が出来るけど、近頃の「長澤まさみ」から感じる年齢とはアンバランスな老けみたいなものは それとは似て非なるもので 映像を見ていて感情移入しにくいのだ。


それと、脚本や構成にも どこか本広克行らしからぬ手抜きというか粗雑さが目立つ。


台詞のテンポは軽快だが どこかひねりが足らず、コミカルな場面でもクスッと笑える一歩手前ばかりで それが逆にストレスにすら感じる。


曲がれ!スプーン

「松重豊」と「寺島進」を用いた場面も 本来なら無心に笑えるはずなのに、物足らなかったんだよなぁ…


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『長澤まさみ』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。