« 海上保安庁の「うみわし」JA500A | TOPページへ | 綾瀬はるか in 青春の言葉 風街の歌♪ »

2010年05月27日

● ココニイルコト 再見


先日、深夜の時間帯に映画「ココニイルコト」が放送されていた




ココニイルコト

この映画に関しては ずいぶん前だが、『ココニイルコト』という記事を掲示したので 御参照頂けるとありがたいのだが、その記事で述べた様に この映画は私にとって間違いなく名作と呼べる一本であり、いろんな意味で感慨深いものがある。




どうでもいい話ではあるが…


「ジェネラルルージュの凱旋」とか伊坂幸太郎原作の映画あたりからファンの人が「堺雅人」の名前で検索して このクソブログに訪れる数が増えている。


そんな方々から


「堺雅人の出演作で お薦めを教えて下さい」


というお尋ねも同じ様に増えている。


ファンを自称するなら他人に頼らず自力で全部見ろよ…と言いたいところだが、そんな事ばかり言ってると「相変わらずの上から目線野郎」と 私の好感度もルーピー内閣の支持率並みに下落するので この場を借りて少しだけ述べておくと…


貴方が「堺雅人のファン」を自称されるのなら この「ココニイルコト」は必見である。


映画「ジェネラルルージュの凱旋」の「堺雅人」は好演だったと思う。


彼が出演していなかったら 気持ちよく全否定してやっていいぐらいの大グソ映画と罵ってやるところだったからだけにね。^^


けどね、「堺雅人」がまだ知名度が全国区じゃ無かった頃の出演作で 彼が好演していて出来が良かった映画といえば「ひまわり」と「ココニイルコト」 どちらも作品の出来が素晴らしく それぞれで全く別の堺雅人の演技が楽しめるし、堺雅人の演技の幅の広さを味わってこそファンだと自称すべきだと思う。


ココニイルコト


「まぁ、えぇんとちゃいますかぁ」


この映画での堺雅人の口癖には観た後、しばらく影響されたものだ。


ココニイルコト


もう一人、私の個人的お気に入りである「小市慢太郎」も良い仕事をしているし…


ココニイルコト


「原田夏希」も記憶に焼き付いた。^^


ココニイルコトココニイルコト

ココニイルコトココニイルコト

ココニイルコトココニイルコト

ココニイルコトココニイルコト


で、結論的に言える事は監督である「長澤雅彦」が良い…って事だ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『堺 雅人』関連の記事

コメント

こんにちは。

私が堺雅人さんを知ったのはたまたま見た「嫉妬の香り」というドラマでした。
私は今は見るほうになりましたがドラマというものを子供の頃からあまり見ない人間でした。でも堺さんが気になって見るようになりました(^^;)といってもその頃はそんなに頻繁にはご出演がなかったですよね・・・確か(^^;)
ドラマの内容がどうのこうのではなくこの時の堺雅人さんが強く印象に残りその後堺さんの出演するドラマや映画を見るようになりました。嫉妬の香りの前にココニイルコトが上映されたのは後にわかったのですがレンタルビデオ屋ははるか遠くにしかなく(^^;)なかなか当時は見たくても見られないでいた映画でした。やっとの思いで見たときには「あぁ・・・なんかいいなぁ・・・」と凄く思った映画でした。表現力があまりにも稚拙でお恥ずかしいですが・・・汗。
その後のご活躍は目まぐるしく、情熱大陸で覗かせた素顔も素敵に感じました(^^)


★ S・H さん

>嫉妬の香り

すいません、私は未見です。

たしかに そのドラマを調べてみたら2001年の放送ですからね まだ、TV的な知名度は乏しい頃ですもんね。

でも、その頃から注目された事は素敵だと思います。^^


私はこれを見た時に、
しめた!ええもん見つけたぞ。と、独り占めした気分になりました。
そうですね、堺さんのあのセリフも頭から離れませんでした。
ベットに横になり窓から見える星空に、ぼーっとする事もありました。
小市さん見たさに何度も見ますが、この映画は誰がということなく・・・
心にジワンとくる内容に毎回感激しております。
私も名作だと思います!!!

「コトー2006」前ぐらいからの堺雅人ファンですが、言われてみれば00年代前半の出演作はあまり観ていなかったので、半にわか堺雅人ファンというところでしょうか^^;;

「ココニイルコト」と「ひまわり」は前々から作品自体が気になっていました。これを機会にぜひ観てみたいと思います。

★ デニコ さん

>心にジワンとくる内容に毎回感激しております。

ですよね^^


★ npk さん

お薦めです。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。