« 堺雅人 in 知られざる”龍馬伝”♪ | TOPページへ | 2010戦競塗装(3) »

2010年05月13日

● 化物語


何の因果か知らないがアニメ「化物語」のDVDを観た。




事のキッカケは いつも私がDVDやCDを手配する店の店長が見舞いを兼ねて御用聞きに来た時だ。


というのは、このところヤツから購入するDVDがことごとくつまらないクソばかり。


もちろん、店長は小売りであって制作者じゃないのだがら ハッキリ言って私の八つ当たりである。


「どうなってんだ? お?」と。^^;


すると、店長が


「もし、良ければ ブタネコさんのお気に入りは出演してませんけど

 このところ秘かに人気のDVDをいくつか持ってきますから試しに見てみますか?」


そういうので彼に任せたところ 彼が持ってきたのは3種類のアニメのDVDのそれぞれの第1巻


ちなみに、タイトルを挙げると


 ・空の境界 劇場版

 ・とある科学の超電磁砲(レールガン)

 ・化物語


という3本


「空の境界」に関しては ちょっと世界観に馴染めなかった。


「とある科学の超電磁砲(レールガン)」は そこそこ面白く、PCを弄りながら見るには手頃


で、「化物語」だが…


化物語


結論から言うとハマった。^^


最近のアニメは 登場人物の名前がやたらと小難しいのだが、この「化物語」もそう。


化物語


そんな登場人物の中で 主人公のオニィチャンの恋人的存在となる「戦場ヶ原ひたぎ」 このキャラに ウチの嫁がカブった事が私がハマった最大の要因だ。


特に 主人公と戦場ヶ原ひたぎの会話は 学生の頃の私と嫁の会話を思い出さざるをえず、見ていて複雑な気分にもなる。


でも、そんな私と嫁のその頃を思い出すのは オッサン心とはいえ久しぶりに青いレモンの味とでも言うか そんな酸っぱい思い出が蘇るものなんだな。


ゆえに、店長に早速電話して


「おぅ、化物語 全部の巻のDVDをとっとと持ってこい」


と、第5巻までを持ってこさせた。(第6巻は6月に発売予定だそうだ)


で、第1話から一気見し 完全に「戦場ヶ原ひたぎ」にヤラレた。^^;


特に、


化物語


化物語


DVD5巻の第12話のラストからエンディング曲が流れていく様に なんかキュンとしつつ、ジンとした。




さて… そんな「化物語」を繰り返し見ていたところ 担当看護師のCちゃんが


「へぇ? アニメなんて見るんですね…

 いよいよタチの悪いオタクの本領が発揮されはじめてきたんですね」


とか言いやがるので


「違うよ、このアニメの女の子(戦場ヶ原ひたぎ)を見ていたら

 学生の頃の嫁とソックリで その頃のアイツを思い出すんだよ」


と応えたら


「へぇ… じゃ、見終わったら貸して下さいよ ママの学生の頃って凄く興味があるんですよぉ」


なんて言っていたのだが…


ちょいと千歳まで写真を撮りに行って帰ってきたら 化物語のDVD5枚が私の病室から消えている。


なので、Cちゃんに尋ねたら


「さっきまで、ブタネコさんチの長女と次女と3人で見てたんですけど

 ”戦場ヶ原ひたぎ”がママの学生の頃を思い出す…ってブタネコさんが言ってた…って言ったら

 ”じゃぁ、ママに見せて確認しなきゃ”って 持って行っちゃいました」


だと。 orz


やべぇ、嫁がどうリアクションするか 怖い。(ToT)




あ、それと…


とかくオタク臭いとか言われるアニソンなのだそうだが、この「化物語」で使われている挿入歌は 結構、私は気に入っている。


特にお気に入りの3曲の動画をみつけたので貼っておく。




「君の知らない物語」


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『アニメ』関連の記事

コメント

おや、そうなりますと奥様は、
「自他共に認めるツンデレで毒舌家」、ということになりますがぁ。

デレてる記事を拝読した記憶がございません・・・

リアクションはベタですが、口の中ホッチキスではないかと・・

とかく評判の悪いアニメでも、原作がいいものならば、その辺のドラマよりもずっと面白いものがありますよ。
原作がよくて、お勧めしたいのは、涼宮ハルヒの憂鬱です。(2期のエンドレスエイトは除く)。本当は原作をお勧めしたいのですが。

★ nov さん

takuちゃんが「novさんが絶対に食いついてくるぞ」と言ってましたが、やはり^^

嫁が自ら認めるかは疑問ですが、私の周囲は独特なツンデレと認識しております。^^;


★ ぼちぼ さん

>涼宮ハルヒの憂鬱

最初(1期?)の3話までは見ましたが 私は馴染めそうに無いと感じたのでそれ以降は見ておりませんし、申し訳ありませんが 今後も見る予定はありません。


>涼宮ハルヒの憂鬱

今映画版の「涼宮ハルヒの消失」ってのが上映中です。

これはなかなか良いと思いますよ。

DVDがでたら、お暇な時にでも...

★ sonden さん

それってTV版を見ないと全部見てからと TV版を見ずに見るのとでは感じが大きく異なりますかね?


化物語は3話でひたぎクラブがまとまりますが、ハルヒはDVDの時系列6話までで1まとまりですからね。つかみで脱落ですか。
では、ほかにお勧めするものですと、コードギアス1期とかはいかがでしょう?
あ、押し付けは致しません。

★ ぼちぼ さん

何故、コードギアスなのか? 私が良いと思えそうな部分が何なのかが判りません。

また、1話か2話までを見た時点で見るのを止めた時に「つかみで脱落ですか。」と言われるぐらいなら そもそも見ない方が良いと感じました。 ごめんなさい。


私は原作も読まず、TV版も見ずに映画館に行きました。
数日後DVD全巻と原作が何故か居間に鎮座してました^^;

予備知識が余りなくても大丈夫です。
良いと思えば帰宅後に、見ればいいかと。

ずいぶん久しぶりにアニメ映画で泣けました。

まだビョーキが収まらないので、明日7回目を見に行きます^^;;;

★ sonden さん

>ずいぶん久しぶりにアニメ映画で泣けました。

成程、DVDが出たら見てみようと思います。


はじめまして、ですかね?npkと言います。

以前からブログを拝見させていただいていましたが、恐らく自分の両親ほどの年齢のブタネコさんが「化物語」を気に入るとは、嬉しい驚きでした!戦場ヶ原、イイですよね^^

新房監督の作風は本当に独特で、実写監督で例えるなら堤幸彦監督的な感じがします。他の新房作品も一見の価値ありだと思いますよ。

ところで、他の方がオススメを紹介しているようなので、僕も便乗させてもらって良いでしょうか?

数年前にWOWWOWで放送された「バッカーノ!」というアニメはどうでしょう?
禁酒法時代のアメリカを舞台にした、とにかく登場人物の多い群像劇サスペンスなのですが、構成や伏線が巧みでかなり面白かったです。

あと、ブタネコさんはゲーム「428」のファンだったと思うので、その後日談をアニメ化した「CANNAN」もオススメです。(すでにご存じかもしれませんが)

以上、長文失礼いたしました。

★ npk さん

こちらこそはじめまして コメントありがとうございます。

>「バッカーノ!」

機会があれば まず1巻を試してみたいと思います。

>「CANNAN」

ソフトを完クリした際に 何かのエンディングで発生したムービーを見たので DVDの1巻だけは見ましたが、結局 私は近野成美が見たかったから428をプレイしたんだと再確認しアニメの続きに興味を無くしました


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。