« キジバト | TOPページへ | トップキャスター 第7・8話 »

2010年04月29日

● タバコの値上げに関する私見


今年の10月1日からタバコが値上げなのだそうだ。^^;




ずいぶん前からタバコの値上げに関して話題になっていたので そんなニュースを耳目にしても今更、驚きもしない。


しかしながら、いざ値上げという話になると 聞きたくも無いつまらない話が時候の挨拶の様に周囲で交わされ それが聞こえてくるのが実に不愉快になる。


例えば、私の愛飲しているタバコは現在の300円から440円になるのだそうな。


周囲の連中は「いきなり140円も上がるのかよ」とブツブツ言っているけれども、昨年の夏頃だったか「一箱5・600円にすべき」なんて話で盛り上がっていた事を思えば 私にはずいぶん半端な値上げだなとしか感じない。


そんな昨年の夏頃に述べた事だが、ちまちました値上げじゃなくて上げるならドンと上げればいいのだ…という私の持論は今も変わらない。


よくニュースで「値上げを期に禁煙します」と言ってる人がいるけれども、値段で吸うか否かを変えられるのなら とっとと禁煙すればいい。


私は酒も飲まないし、女遊びもしない、ギャンブルも友人間での賭け事ぐらいでパチンコや競馬などする気は無い。


ゆえに、私がいくらヘビースモーカーを自認していても 私のひと月のタバコ代など飲みに行ったりパチンコに行く人が月に浪費する金額に比べたら安いモノ


だから、440円なんて半端な金額じゃなくて 例えば500円ちょうどの払いやすい金額にしてほしいぐらいだ。


さて、


とあるニュース番組でキャスター気取りのアホが


「値上げをするとタバコをやめる人が増えて健康増進につながるという厚生労働省の思惑と、値上げをして1箱あたりの税収を増やしても、値上げを期にタバコをやめる人の増加で税収が逆に減ると懸念する財務省の思惑が値上げの価格の背景にある」


と、小賢しげに語っていた。


「税収を増やしたい」と「健康者を増やしたい」


その話を聞いていて「なんだかなぁ…」と思う。


アナタの周りで「タバコをやめました」という人で タバコを吸っていた頃に比べて痩せた人と太った人の比率を見比べてみるといい。


明らかに「タバコをやめた人」が やめた直後に急激に太った…というケースが圧倒的に多いはずだ。


「タバコをやめる」=「健康になる」という方程式が私の周囲で成立したケースは極めて低い。


むしろ、


「タバコをやめる」-->「体重が増える」-->「成人病が発症する」


というケースが現実的に多い。


まぁ、このように述べると煙草嫌いのヒステリーが


「受動喫煙による他者への健康被害は減る」


と、キャンキャン吠えるだろうけどね。^^;


たしかに、タバコというものがこの世に初めから存在しなければ タバコにより肺ガンや心臓疾患になった…という患者がいるのだとすれば それらの可能性は無かった事にはなる。


ゆえに、ひと箱1000円ぐらいにして 自らの収入ではなく親からの小遣いで暮らしている様な未成年が気軽に買いにくくしてタバコの味を覚えさせない様にして 将来的にタバコは禁制品にする…なんて考えなら 多少は納得も出来るんだけどね。


でもね、厚生労働省の思惑が「値上げをするとタバコをやめる人が増えて健康増進につながる」ってのは いかにも目先しか見てない小役人の気楽な感じに聞こえて 正直、私には信用できないんだな。^^


厚生労働省が真剣に国民の健康増進を考えている役所なんだとしたら「薬害」や「難病認定」などの過去から現状における彼等の取り組みをどう説明できるんだ?… なんてね。^^


で、「税収の確保」が財務省の思惑ってのは判るんだけどね…


2006年にタバコが値上げした時、財務省は「国債発行を極力圧縮するための取組みの一環」 つまり、国債を減らす為の財源確保と説明したんだけどさ、鳩山政権は財源確保する前に国債を増やしちゃったんだけど ちゃんと計算できているのかね?


それに、未だに個人的に許せないのは…


1998年に「たばこ特別税の実施」としてタバコを値上げした際、その増収分で「旧国鉄の長期債務返済に充てるため」と説明したにも関わらず、その直ぐ後 公共機関で真っ先に禁煙化を積極的に推し進めたのはJR各社だった事。^^


何かの目的があっての値上げであれば ちゃんとそれに使うのと同時に、愛煙家に対して「ま、それなら仕方ないよね」的な納得感を期待するわけで あくまでも個人的意見ではあるけれど、例えばJRの場合、それぞれのJR構内に一箇所だけで良いから利便性の良い所に喫煙所を設け、3時間以上の乗車を目的とする車両(例えば寝台車)に喫煙席もしくは喫煙コーナーをせめても礼に設けてくれるぐらいの(元国鉄としての)気持ちが欲しかった…という事。


ゆえに、今回の値上げに関しては目的も明確でなければ 上げ幅も半端という点に釈然としない思いが強いんだな。


よく諸外国では タバコが一箱1000円って国が多い…なんて声がある。


だから、諸外国に習って1000円に値上げしたけりゃすればいい。


にも関わらず、「それだと税収が減る」なんてのが真剣に議論される事自体、本末が見えていない事に他ならないんじゃないの?


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『政治・時事ネタ』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。