« 90式戦車 2010早春 | TOPページへ | 世にも奇妙な物語 20th »

2010年04月05日

● サイドウェイズ


2009年公開の映画「サイドウェイズ」のDVDを入手したので見た。^^




サイドウェイズ


この映画、邦画とみるべきか、洋画として扱うべきか悩む。^^;


制作や出演者は日本人だが、監督やスタッフの多くはアメリカって事で ある意味、実験的制作として受け止めればいいのだろうけどね。


サイドウェイズ

「小日向文世」と「生瀬勝久」のコンビは実に絶妙で 良い仕事をしたと思う。


それに対して女優の


サイドウェイズ

「菊地凛子」と「鈴木京香」に関しては あくまもでも個人的感覚だと前置きして言うが 私は二人とも好きでは無いので、別の女優がキャスティングされていれば もっと、高い評価をこの映画に対してしていたであろう事は間違い無い。


内容的には ロードムービーの様な、中年男が昔を懐かしむ様な まぁ、何とも言えない風味で 私の感想はと言えば、駄作ではないが良作でも無い…といったところ。


だが、個人的に 気に入った…というか、ヤラレたのはこの映画の挿入曲である二つの曲。


サイドウェイズ


ひとつは


渡辺貞夫『カリフォルニアシャワー』で この曲を聴くと一瞬で1970年代の終わり頃を思い出す。


まさに、私自身が学生で若かった頃をだ。^^


そして、もう一曲が


シンディ・ローパー「Time After Time」


見た目はとても派手なシンディ・ローパーだが この「Time After Time」という曲を初めてラジオで聴いた時に「良い曲だなぁ」と思い、歌詞を訳してみたら実にピュアなラブソングで そのギャップに驚いたのを今でもよく覚えている。


で、この「Time After Time」がエンドロールと共に流れてきた時 なんか、懐かしくて鼻の奥がツンとした。


サイドウェイズ

サイドウェイズ


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『小日向文世』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。