« チェイス国税査察官 第2話 | TOPページへ | 白石美帆 in さんまのまんま♪ »

2010年04月26日

● ラスト・ブラッド


「チョン・ジヒョン」出演作である映画のDVDを見るのは 今のところこれが最後の8本目。^^




【注意】この記事には映画のネタバレが満載です 映画に興味のある方は先に映画を見る事を強くお薦めします。




ラスト・ブラッド

画面にもあるように「BLOOD THE LAST VAMPIRE」というのが正式なこの映画の名称なのだそうだが、そんな事はどうでもいい。


私は原作になったモノを知らないし、未見だからそれとの比較を述べる気は無いのだが 少なくとも「チョン・ジヒョン」が演じた女の子が血を飲んでいるシーンに「?」とは感じたが、まさか吸血鬼なんて設定があったの?なんて事は この記事をまとめるためにいくつかのサイトを覗いていて初めて知ったぐらいだからだ。^^;


ラスト・ブラッドラスト・ブラッド

ラスト・ブラッドラスト・ブラッド


「チョン・ジヒョン」の出演作と言う事で 期待して見た人の多くはアゴがはずれるほど、アングリとしてしまうようなトンデモ映画… それが、まず見終えて私が感じた第一印象だ。^^


だが、マニアックな見方をする者にとっては 中身や全体がクソ映画であっても、この映画は別の面で高い評価が与えられてしかるべくと思う人も多いんじゃないかな?


ラスト・ブラッドラスト・ブラッド

ラスト・ブラッドラスト・ブラッド

ラスト・ブラッドラスト・ブラッド

ラスト・ブラッド

「三つ編みのおさげ」に「セーラー服」 それに巧みなアクション。


「チョン・ジヒョン」のこんな姿が拝めるんだからDVDの値段は高くない…なんて思ったんだけどね。^^




先日、別の記事に「チョン・ジヒョンが大の日本嫌いと知り、なんとなく楽しめなくなった」というコメントを頂戴した。


なので、興味を抱き 私もその辺についてネットで情報を収集してみたところ この「ラスト・ブラッド」出演に関して


日本人という設定は、映画に登場しない。単にアジアの少女であるだけだ」と一蹴した。チョン・ジヒョンは「実際その部分のために、出演段階から悩んだ。日本原作で背景が日本であるため、避けることができないだろうと思った。それで制作段階から制作陣に多くの部分を、アピールした。韓国ではそのような部分に敏感なので、念頭に置いて欲しいと要請した。制作初期には私の意見が少し受け入れられたが、時間が経つほど意図とは違うようになるようで、心配した」と語った。

続けて「劇中サヤがどこの国の人なのかは、正確に登場しない。自分は多国籍プロジェクトに韓国人代表として参加するという思いで臨んだ。そして制作陣に絶えず私の意見をアピールした。サヤが特定の国籍を持ったキャラクターではないということは、映画を見れば分かると思う」と述べた。

引用元:http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=99613 (韓国 innolife)


という様な発言が発端らしく それについていろんなところで議論されたそうな。


ま、その経緯について私は最近まで知らなかったし、詳細を調べようとか議論に参加しようなんて気持ちは全く無い。


ただ、私見を少し記しておけば…


上記引用のインタビューだけを見る限り チョン・ジヒョンが日本嫌いを表明した…ってニュアンスに受け止めるのはどうかな? それよりも、「韓国人が日本人の設定である役を演じる事はけしからん!!」と怒る連中が韓国内に多く存在し それらが、「この映画を見てチョン・ジヒョンを批難するのではないか?」と問われた事に対して「劇中サヤ(チョン・ジヒョンが演じた女の子)がどこの国の人なのかは、正確に登場しない。自分は多国籍プロジェクトに韓国人代表として参加するという思いで臨んだ。」と応えた風に私には思えるんだな。


『韓国ではそのような部分に敏感なので、念頭に置いて欲しいと要請した。』


この一言から察するに、こと日本に対して敏感に敵意を見せる韓国人が存在する事と、にも関わらず日本のドラマをリメイクしておきながら さも「韓国のオリジナルです」みたいな事で平気でいられる韓国人がいる事など 実に面倒臭い連中なんだな…って事を再確認しただけの話なんだな。


私は韓国人の こういう面倒臭いところが大嫌いなんだ。^^


だから、もしも上の引用記事の文中から「チョン・ジヒョンは大の日本嫌い」って話だけを取り出して怒るのだとすれば、「日本に対して敏感に敵意を見せる韓国人」と同じ真似をするのと変わらない。


ゆえに私はこういう話を耳にする度に「あぁ韓国は未だに日本を追い越せないでいるクセにプライドだけが強いアホが多い国なんだな」と 上から目線で見下す事にしている。^^


しかしながらね、どんな国もアホばかりでは無い。


「たいしたもんだなぁ」と感心する事だって少なく無いだけに残念な話だ。。


あくまでも今回DVDで見た「ラストブラッド」に限って言えば…


「三つ編みのおさげ」に「セーラー服」でチャンバラする「チョン・ジヒョン」


…を見れた事だけが私には有意義だっただけで それ以外はクソ。^^


せっかく「チョン・ジヒョン」が韓国代表として参加した多国籍プロジェクトと言っても、日本代表が女優だと思い込んでいる八百屋に並ぶべき大根の「小雪」だった事が「チョン・ジヒョン」にとっては最大の悲劇だったんじゃなかろうかと私は深く同情するわけで そんなモノに日本人役で出たか否かに拘る事なんか全く重要では無い。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『チョン・ジヒョン』関連の記事

コメント

毎日1本「チョン・ジヒョン」だったんですね!
私はどれも観た事がないです。

でも、アジエンスのCMは好きで観てました。
http://www.youtube.com/watch?v=yDyhA-rDm5g&NR=1
http://www.youtube.com/watch?v=ToPhqEH67KE&NR=1
http://www.youtube.com/watch?v=xVIoyxqV20E&NR=1
http://www.youtube.com/watch?v=lk32Gf21Tbk&NR=1
(車にヒールで飛び上がるのは本当にやってるのかどうか気になる所ですが...)

この記事をよんで...
私は世界中のどの国も国としては好きな所はないです。
特にアメリカ、中国、韓国は嫌いです。
それと同時に、日本人の持つ、西洋人に対するコンプレックスも嫌いです。

あと、韓国ドラマを観てて気づいたのが、韓国もその点では日本と良く似てると言う事です。表現がオーバー過ぎて、ついていけないですが、根幹にあるものが同じな気がします。

さらに、日本に対しては、羨ましいと思う事があっても、歴史や教育のせいでそれを大っぴらにするのが許されない世代もあるようで、お気の毒にとすら思います。

韓国ドラマ嫌いなブタネコさんにお勧めするのは恐縮ですが、
「ロビイスト」というドラマを是非観て頂きたいです。
たしかゲップやゲロはなかったですが、何で韓国人が武器ロビイストとして儲かってるの?という疑問が湧きおこるかと思います。でも、そこは大目に見てください。

長文失礼しました。

★ スミゴルフ さん

先日の個人的に御教示をお願いしました件につきましては本当に深く感謝申し上げております。 ありがとうございました。^^

>「ロビイスト」

大変申し訳ありませんが、とうぶん韓国モノは見たくありません。^^;

ゲップやゲロはそれなりに意味があれば不快とは思いません。

結局、私は「チョン・ジヒョン」という女優に「綾瀬はるか」を重ねていろんな事を夢想したに過ぎず、であるがゆえにそれ以外の部分はあえて気にしないでいられた…って事なのだと思います。

ゆえに、現状では「チョン・ジヒョン」が出演していない物にまで目を通そうという気にはなりませんし、今更韓国ごときを理解しようとも思いません。^^;

せっかくお薦めいただきました事に関し心無い様なレスで申し訳ないとは思いますが、本心とは全く違う言葉を上辺だけ取り繕ったようにレスするのは私の主義では無いので正直に申し上げ どうか、御容赦を請い願う次第です。^^;


チョン・ジヒョンさんが綾瀬はるかや榮倉奈々に似てるなど、知らない事を知れて良かったです。

「猟奇的な彼女」を観てみたいです。
度忘れしてましたが、「僕の彼女を紹介します」は一度テレビで放送されたのを観ました。意味が良く分からなかったのですが、奥様情報によるとDVDで観た方がよさそうですね。

私は自分の趣味を無理やり押し付ける事は好まず、はっきりと断っていただいた方がやりやすいと思うタイプですので、どうぞご心配なく。(^-^)

ただ、私はブタネコさんに韓国を理解してほしいと思っているわけではないので、そこは誤解して欲しくないです。

このブログは歯に衣着せないのが魅力だと思ってますし、それが好きで通ってるので、私のコメントには率直にご返事頂ければと思います。ただ打たれ弱いのでお手柔らかにお願いします。

★ スミゴルフ さん

>「綾瀬はるか」「榮倉奈々」

私の見方が変だからなのかもしれませんが、映画の中の「チョン・ジヒョン」の表情が特に時々「綾瀬はるか」に見えたんです。


>「猟奇的な彼女」

うちの嫁の言う意味は2本続けて見たら理解が出来ます。

けれども、意味は判ったんだけど それが「僕の彼女を紹介します」という物語に必要な事か?と考えると大いに疑問 というか、「フザケンナ」って感さえします。^^;


>「押しつけ」「理解」

すいません、言葉が足りてなかったみたいです。

スミゴルフさんへの文句など毛頭無いのです。

ただ、とにかくDVDを全部で10本見て、記事を10本書いて いろんな意味で疲れました。^^;

ブタネコさんの「とうぶん韓国モノは見たくありません・・」
に正直、ほっとしています(笑)。
昔、両親の付き合いで「四月の雪」という映画を観ましたが
映画館で寝たのは、後にも先にもあれだけです。
だいたいなぜみんな韓国ドラマに嵌るのかわからないです。
俳優がいいとかいうけれど、それも理解できません。
日本にもたくさんいい俳優はいるのに・・・

★ hamako さん

それぞれ好き々々ですからね^^


>チョン・ジヒョン」のこんな姿が拝めるんだから

 同感です。トンでも映画とのことで期待はしていなかったのですが、
どうしてどうして、前半のアクションシーンは緊迫感があって、結構面
白かったです。チョン・ジヒョンの殺陣もクールでしたし。でも、倉田保
昭演じるカトウの、捨て身の戦いには胸を打たれました(笑)。

★ ハウプマン さん

この映画まで御覧になりましたか^^

さすがだなぁ…


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。