« カイジ | TOPページへ | 来訪者 »

2010年04月22日

● 4人の食卓


私が見た「チョン・ジヒョン」出演作4本目「4人の食卓」を語るとしよう。^^




【注意】この記事には映画のネタバレが満載です 映画に興味のある方は先に映画を見る事を強くお薦めします。




4人の食卓


この「4人の食卓」はホラー映画なのだろう。


けどね、全然怖くない。^^;


小難しい感想を述べるのが好きな人の手にかかれば相当、考察のし甲斐がありそうな感じだが、私はそこまで惹き込まれなかった。


4人の食卓4人の食卓

4人の食卓4人の食卓

ま、当たり前の話だが この映画における「チョン・ジヒョン」は暗い。


なんとなく映画版「リング」の松嶋菜々子を思い出したが、今の松嶋菜々子に私は興味が無い。


4人の食卓


この映画を見終えて思った事は、まず「チョン・ジヒョン」という女優さんの年齢っていくつなんだ?…って事。


資料によると、この映画の頃の彼女の実年齢は22歳ぐらい。


この映画における彼女の役柄は主婦でハイハイ歩きの赤子がいた女性であり、その子を殺されて(?)精神的に不安定であり


4人の食卓

「嗜眠症」なる病に悩んでいる女性… 外見だけでなく、内面的にも30過ぎにさえ見える。


他の映画では10代の女子高生姿も違和感がないし、歳相応の20代半ばは当たり前だが普通に見える。


まぁ、それでこそ女優なんだろうけどね。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『チョン・ジヒョン』関連の記事

コメント

 もともと、彼女の母親が霊媒師で霊視能力が長けていたのですね。
特殊能力のせいで他人も自分も不幸になってしまうという点では、『ヒ
アアフター』の霊能者とよく似ていると思いました。

 主演俳優は、『ホワイトバレンタイン』のおじさんだったのは意外。

 『猟奇的な彼女』の後、チョン・ジヒョン自身が本作の出演を希望した
というのも不思議な気がします。

★ ハウプマン さん

おぉ、これもクリアされましたか^^

この一本だけは彼女の出演作の中でも特に異質ですよね

でも、これはこれで巧く演じているし… 私が彼女に対して特に感心したのもこれでした。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。