« 曲げられない女 第6・7・8話 | TOPページへ | 女たちは二度遊ぶ »

2010年03月06日

● 卒うた 第4夜


SPドラマ「卒うた」の第4夜を見た。




卒うた

今回は最終話で「長澤まさみ」がメイン


卒うた卒うた

卒うた卒うた


時代の変遷にもよるのだろうが「卒うた」なるものが 世代によってそれぞれ違う曲があるのは知っている。


でも、この荒井由美の「卒業写真」は 時代も世代も飛び越えちゃってんだな。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『長澤まさみ』関連の記事

コメント

ブタネコさん、ご無沙汰しております^^!
ユーミンの『卒業写真』私も大好きです。
時代も世代も飛び越える、っていうのすごく共感しました。
私はこの曲が流行した後に生まれた世代の人間ですが、
本当に良いものって何でも、時間の経過が無いんですよね。
ずっと色褪せないでそのまま残ってるっていうか・・・
何だか最近「色褪せない」って言葉の意味を本当に理解できるようになったなぁと
まだまだ若輩者ですが、思うようになりました^^

・・・・すいません、何言ってるのか意味不明ですよね;;;

長澤まさみちゃん目当てで『卒うた』4話全て見ましたが、
この『卒業写真』を含め、どうも良い曲たちがただ単にドラマに添え付けられただけ・・・
という気がしてしまった内容だったのが残念でした^^;;;
それと関係ないですが、4話で校庭のブランコで語らうシーンを見てて
「プロポーズ大作戦」の最終回を思い出してしまいました(笑)

★ nattsu さん

>「色褪せない」って言葉の意味

そうですねぇ…^^; 仰る意味が胸に刺さります。^^

>4話全て見ましたが、

私には「卒業写真」以外の3曲が 新しすぎて「卒うた」とは認識できず そこが、そもそも 馴染めなかった原因ですね。

ちょっと違うかもしれないけど、例えば「木綿のハンカチーフ」とか「微笑み返し」とかだったら…なんてね。^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。