« An-124 5度目^^ | TOPページへ | 火の魚 »

2010年03月14日

● 長女が結婚 その2


「ホルモン? お~、さっきまで手術で腸を縫い合わせていたばかりだからチョウどいい」




そう言って、二代目開業医はニヤリと笑い 院内電話で手術室のスタッフ達に


「ホルモン食いに行くけど どうだ? 一緒に行かないか?」


と誘うと ほぼ全員が


「院長のゴチですね? 御馳走様で~す」


だと。


人間の内臓を散々に弄んだ後に よく、焼き肉なんか食えるな…と いつも私は思うのだが、プロというものはそういうものらしい。


タクシーに分散して「T苑」に行くと 客は見慣れないヤクザっぽい男達が3人。


お構いなしに小上がりを占領して


「塩ホルモン 人数x3人前 大至急」


大声で注文する私。


ところが… だ。


「ありゃ、塩ホルモン この人達の注文で売り切れたんだわ」


と、店主兼従業員のババァ


「あぁ? この店で塩ホルモンが無ぇったら、電源の入っていない自動販売機と同じじゃねぇかババァ」


そう叫ぶ私に


「タレに漬け込んだホルモンならあるよ 塩タンをサービスしてあげるから我慢しな」


と、言い返すババァ


「塩ホルモン1人前 300円」に対して「タン塩1人前 450円」


どういう計算してるんだ? > ババァ


私の横で「二代目開業医」は


「さっき、切り取ったやつ持ってくれば良かったな 切り立てで新鮮なんだから」


と、呟き 機械出しのナースが


「でも、先生 あの患者さんの腸、部分的に壊疽ってましたよ」


と、ツッコミ それに対して


「肉はね、腐りかけが一番美味いの」


と、意味深な事を平然と言い返す「二代目開業医」


「こんな奴らと焼肉屋に来るんじゃなかった…」


心の中でそう思っても もう既に手遅れの私。


まぁ、タレの漬け込みでもホルモンはホルモンである。


念願のホルモンを腹一杯食べて それなりに満足。


食欲旺盛なスタッフ達がガツガツ貪っている横で一服していたら「二代目開業医」が


「お~、そうだ おいババァ(店主) 今度、コイツ(私)の娘が結婚するんだわ

 なんかお祝いしてやってくれや」


すると、店主が


「あらそうかい、そりゃおめでとうだね^^

 じゃ、ニンニクのオイル焼きでも プレゼントしようかね」


なんで結婚祝いがニンニクのオイル焼きなのかは不明だが、その気持ちだけはありがたく、しかも そのニンニクのオイル焼きがこれまた美味で


「ババァ、悪いな 気ぃ使ってくれて でもよぉ、俺は塩ホルモンが食いたかったんだわ」


私がそう礼を言うと


「食いたきゃ何時でも来ればいいっしょや、ちゃんと勘定をボッてあげるから」


だと。^^;




焼き肉を食べ終わり、スタッフ達とは現地で別れ、二代目開業医と私ののったタクシーが病院に着いたのは 朝の7時。


私は自分の病室に戻るやいなや爆睡。


昼過ぎに起き、目覚めの一服を吸いながらパソコンを弄っていたら


「Anー124が千歳に降りています。 離陸は21時頃の模様」


と、千歳で飛行機写真を撮っている知人から送られてきていたメールに気づく。


「何? アントノフが?」


時計を見ると午後2時少し前。


千歳に撮りに行きたい… そう思いつつ


「いや、今日も嫁が長女の結婚式の打ち合わせをしに午後に来るんだった…」


と、大変重要な事を思い出す。


嫁との約束、しかも長女の結婚式関連の打ち合わせをすっぽかして千歳なんかに行った日にゃ

怒った嫁からどんな仕打ちをされるか想像を絶する。


それに21時のティクオフでは 暗すぎて撮影は困難だし…


私は泣く泣くアントノフ撮影を諦め 小一時間後に現れた嫁と打ち合わせを行う。




「○寿司の親方から電話があって 結婚式の余興で是非マグロの解体ショーをさせてくれ…って

 アナタから丁重に断っておいてくれる?」


と、嫁。


早速、電話して○寿司の親方に


「気持ちはとてもありがたい。

 でも、結婚式の余興で バラバラに解体…ってのは いくらマグロでもダメだろ?」


と、丁重に断る。


「自○党の @@先生がスピーチさせろって しつこいのよ…」


と、嫁。


早速、電話して@@先生の秘書に


「滝に打たれて出直せ…って言っておいて スピーチする暇があったら遺書書け…とも」


と、丁重に断る。


「町内会長さんが 是非、出席させてくれ…って」


と、嫁。


早速、電話して町内会長に


「ウチの娘の結婚式と 町内会のジジババ共の寄り合いと一緒にすんな」


と、丁重に断る。


そう、「丁重にお断りする」役目は 全部、私なのだ。(ToT)


前日同様、その作業が終わった後は気疲れして また爆睡。


気づけば、また晩御飯を食べ損なっており どうしたものかと途方に暮れていると まるで見計らっていた様に


「さぁ、今日こそ 塩ホルモンを食いに行くかぁ…」


と、私を誘いに来た主治医兼院長である「二代目開業医」


ホルモンじたいが久しぶりだった事もあって それはそれで満足していたのだが、実は 「二代目開業医」も私以上に「塩ホルモン」に執着していたんだな。^^;


なので、私も何の迷いもなく


「おぅ、今日こそは食うぞ 塩ホルモン!!」


と、勇んで連れ立って出かけたわけだが…


念願の塩ホルモンを腹一杯に満喫して病室に戻り、寝る前にパソコンを確認したら


「An-124は昨夜、離陸せず。 本早朝に離陸の模様」


と、昨日の知人からのメールが着信しており…


一度は撮るのを諦めたアントノフだが、離陸が延期になっていて しかも、明るい時間と聞けば思いは更につのるばかり


急性「撮りに行きてぇ…」病の発作を起こした私。^^;


部屋の時計は4時過ぎを指しており、もし撮りに行くのなら寝るには中途半端。


「よし、このまま寝ないで撮りに行こう」


そう決意し(それでこそ私だ。^^)、次女に手を出した大馬鹿野郎を電話でたたき起こし


「アントノフ撮りに行くぞ とっとと車で迎えに来い」


一人で行くのが寂しいから 相手の都合なんぞお構いなしの私。(それでこそ私だ。^^;)


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『年末年始の乱』関連の記事

コメント

ウェディングケーキ入刀ならぬ、(このご時世に)本マグロがはじめての共同作業というのも
なかなか趣きがあるかも知れませんね

スペシャリストの寿司屋の親方さんや仲人の二代目さんがいらっしゃれば綺麗に
切り分けて頂けそうですし、ご再考を^^

★ Bang ちゃん

う~ん…


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。